「三十代女子の色恋奮闘記」にまつわる記事

先日、美容院で出された雑誌に「芸人の影響なのか、一般男性が配偶者のことを『嫁』と言うことに違和感がある」といった内容の読み物が掲載されていました。そういえば、「うちの嫁が……」という言い回し、ちょくちょく聞きますよね。なるほど、あの言い回しは芸人さんの影響でしたか! 

いや、芸人さんの影響というよりも、正確にいうと関西地方の影響のようです。そういえば、筆者は学生時代を神戸で過ごしましたが、バイト先の店長も「うちの嫁が……」と言っていた記憶があります。「嫁」という言い回しに関して驚いたのが、否定的な意見の多さです。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】パスタではなくスパゲティと言おう!

【三十代女子の恋愛奮闘記】「オンナって、スパゲティじゃなくパスタっていうよなぁ」……男性陣からよく聞く言葉です。そもそも、「何を食べたい?」と訊ねられた際に、「パスタ!」と答える女性のなんと多いことでしょう。確かに、値段的にも食事のボリューム的にも、お手軽であることは確かです。

デートでトンカツ定食というのも情緒がないですし、カレーだと匂いが気になるという人もいるでしょう。尚、お酒を伴うデートの場合は、「何を食べたい?」ではなく、「どういうお店がいい?」という点を訊ねられることがほとんどですから、ここでは語らないことにしましょう。

続きを全部読む

少し前の話題になりますが、DREAMS COME TRUEのボーカル・吉田美和さんが、19歳の年の差婚を発表したことが話題になりましたね。吉田美和さんは現在46歳。そういえば最近は、セカンドバージンや美魔女などの影響で、何かとアラフォー世代に注目が集まっているようです。

ところで、「アラフォー世代」というのは、具体的には何歳~何歳を指す言葉なのでしょうか?  そもそもアラフォーとは、「around40」の略語です。「荒々しい40代」でも「嵐が好きな40代」でもありません。around、つまり「~周辺の」「~前後の」という意味で、35歳~44歳の世代をアラフォーといいます。ということは、先に挙げた吉田美和さんはアラフィフ(around50)ということになりますね。

続きを全部読む