「三十代女子の恋愛奮闘記」にまつわる記事

【三十代女子の恋愛奮闘記】カノジョにあらぬ不安を与える「クソ男」の事情とは?

先日、知人女性から「彼氏との関係性に距離を感じる」と相談を受けました。筆者は、いかに正式交際している恋人同士といえど、一定の距離は必要であると考えます。むろん、その距離の度合いにもよりますが。筆者の知人女性は「トイレ」に関する出来事をきっかけに、「彼氏は私に対して距離をとっている」と感じたようです。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】クソアマ思考「交際当初のラブラブモードをずっと継続させたい」というメルヘン熟女に喝ッ!!

彼氏との交際期間が一定以上の女性たちから、「最近、マンネリ気味!」とか、「私は交際当初のラブラブモードをずっと継続させたいのに!」という悩みをしょっちゅう耳にします。LINEやメールの回数が減ったり、回数は減らずとも文面が手抜きになったり、お外デートが減って家でゴロゴロするだけになったり、交際当初のように「好き」「愛している」などの言葉をささやいてくれなくなったり……。そういった現状に不満タラタラな三十路熟女の皆様に、僭越ながら喝をいれさせて頂きます。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】クソアマトーク「男の前で美容の話をするオンナ」を斬るッ!

三十路に入ると、気持ちはまだまだ若いつもりでも、ぼちぼち「老化」の2文字が気になってきます。こればっかりは、どうにもこうにも逃げることができません。そこで私たち三十路熟女は、老化を食い止めるべくあの手この手を尽くします。アンチエイジング活動です。

そのこと自体はちっとも悪いことではなく、むしろ良いことなのですが、アンチエイジング活動をするにあたって、絶対にやってはいけないことが1つあります。意中の男性との会話で、アンチエイジン活動に励む己について一方的にベラベラとしゃべり倒す行為です。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】クソアマテクニック「LINEの意図的な未読スルー」を斬るッ!

恋する男女を繋ぐツールといったら、ひと昔前まではケータイメールが主流でしたが、今は「LINE」の時代ですよね。ケータイメールとの違いは、チャット形式であること。そして、スタンプ機能など色々ありますが、「既読機能」の存在が大きいのではないでしょうか。既読スルー・未読スルーという言葉も、今やすっかりお馴染ですよね。ここでは後者のほう、未読スルーについて考えたいと思います。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】コミュニティのアイドル的存在「オタサーの姫」の心得とは?

突然ですが、皆さんは「オタサーの姫」という言葉を知っていますか? オタクサークルの姫、という意味です。特定の彼氏を持たず、コミュニティのアイドル的存在である姫たちは、人生とても楽しそう! 「人生、ちっとも楽しいことがない」とお嘆きの女性は、いっそのこと王道の恋愛ではなく、「オタサーの姫」を目指してはいかがでしょうか?

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】当日アポを快諾して「新鮮さ」を演出すべし!

「恋愛では新鮮さが大事ですよ」、様々な恋愛ハウツー本や恋愛コラムで語られている常套文句です。たしかにキャベツだろうとキュウリだろうと、同じ野菜を買うなら鮮度が高いほうを選びますよね。野菜の話はさておき、恋愛における「新鮮さ」ってどのようにして出すものなのでしょうか?

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】左ききの異性と接するときの注意点

先日お付き合いでカラオケに行った際、アラカン(Around還暦)のオジサマ方に、『わたしの彼は左きき』を歌唱するよう求められました。最近のヒット曲にはついていけていませんが、昭和歌謡はそれなりに把握している筆者、二つ返事で応じ熱唱しました。

そういえば現実には、「わたしの彼」ではなく「わたし」自身が左ききでございました。というわけで今回は、「左ききの異性と接する際の注意点」について考えたいと思います。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】「マイルドヤンキー」に恋をしてしまった場合の注意点

「マイルドヤンキー」という言葉をご存知でしょうか? 昭和生まれの筆者は、「ヤンキー」という言葉を聞くと、つい不良グループや暴走族を連想してしまいます。ですが、「マイルド」が付くとちょっと変わってくるようです。

どちらかというと、「やんちゃ」というイメージに近いかもしれませんね。今回は、マイルドヤンキー男性に恋してしまった女性に向けて、注意事項をお伝えしたいと思います。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】男性は気を付けよう! 狙っている相手が「女子校出身」だった場合の注意

先日、病院の待合室で読んだ雑誌に、「NHKの朝ドラ『花子とアン』の影響で、女子校出身者ブームが到来するかも」といった内容の記事が掲載されていました。朝ドラよりも昼ドラ派の筆者は全く知らなかったのですが、女子校出身者としては放っておけません。というわけで今回は、男性読者様向けに、女子校出身者と接する際のちょっとしたコツをお伝えしたいと思います。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】意中の相手が弱っている時のアプローチは有効か!?

今回は、「意中の相手が弱っている時のアプローチは有効である」というテーマでお話したいと思います。ここで言う「弱っている時」とは、肉体的に弱っている時のことではありません。『彼氏が風邪! カノジョとしてとるべき行動とは? 』という記事にも書きましたが、肉体的に弱っている男性には近寄るべからずというのが筆者の見解です。そうではなく、「精神的に弱っている時」に的を絞って考えましょう。よろしくお付き合いくださいませ。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】女性の高収入は男性から敬遠されるのか?

時代は平成の大不況下ですが、お金ってあるところにはあるものです。三十路ともなれば、「実はそこそこ稼いでいる。いや、けっこう稼いでいる」という高収入女性も少なくないでしょう。ところで男性目線では、高収入女性ってどうなのでしょうか? モテるのでしょうか? 本命の恋人にしたいと思える存在なのでしょうか?

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】失礼にもほどがある!! 「仕事の合間2~3時間」というデートの誘い方は明らかに誠意に欠ける!

先日、都内某所のカフェにて珈琲をすすっていたところ、筆者の隣席に座っていた40代と思われる男性が、携帯電話で通話し始めました。どうやら女性をデートに誘おうとしているようなのですが、その会話があまりにもツッコミどころ満載だったので、ここにご紹介したいと思います。ひと言でいうと、「そんな誘い方じゃ、どんなオンナも応じねえよ!」ってカンジです。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】合コンでその場にいない知人・友人に似ていると発言する輩に喝!

合コンなど男女の出会いの場において、ときどき次のようなセリフを耳にすることがあります。「あなたって、私の友達の○○君にすっごく似ているの!」。このセリフを耳にするたびにイライラするのは、筆者だけではないはず。今回は、「その場にいない人物に似ていると発言する輩」について考えたいと思います。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】これって付き合っているの? 「曖昧な関係」を考える

とある昼下がり、筆者は近所のカフェでブラックコーヒーを飲んでおりました。隣のテーブルには、お友達同士と思しき女性が二人、「(とある男性との)現在の状況は正式交際なのか否か?」というお題で議論を交わしておりました。というわけで今回は、「私たちって付き合っているの?」という曖昧な関係について考えたいと思います。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】女同士で互いを格付けし合う「マウンティング女子」とは?

最近、「マウンティング女子」という言葉が流行っているようですね。また来ましたよ、「○○女子」というカテゴライズが。次から次へと、よくもまぁこれだけ新しい言葉が出てくるものです。マウンティング女子とは何なのか、三十路熟女の色恋に関係あるのか、考えたいと思います。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】歴女が恋愛において注意すべき3つのこと

三度のメシより歴史が好きな歴女。彼女たちがいくら歴史が好きだからといって、歴史上の人物ばかりにうつつを抜かしているわけではありません。現代を生きる男性に恋をすることもあります。歴女が今の男性と恋愛する場合、どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか?

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】「義務」を求める女性を抑制するキラーワードとは?

「オンナってなんであんなに面倒な生き物なのだろう!」、そんなふうに感じてらっしゃる男性は少なくないはず。だからと言って、女性を邪険に扱うわけにもいかないのが難しいところですよね。野郎同士のように、ドライかつ楽しく人間関係を構築することはできないものなのでしょうか? 今回は男性のために、女性を抑制するキーワードについて、考えてみたいと思います。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】恋する乙女よ! 男性へのメール・LINEは「タクシー」と心得よ

「女性にとってメールやLINEは愛情表現ツールだが、男性にとってメールやLINEは連絡ツールでしかない」。あちこちで言われている通説ですが、それを理解できていないメール・LINE依存女性のなんと多いことでしょう。恋する乙女の皆さん、意中の男性へのメール・LINEは「タクシー」であるとお考えください。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】ブーム到来の兆しがある「ソーセージパン男子」の完全攻略法

「ソーセージパン男子」が流行っているとの情報をキャッチしました。最近、「○○男子」というカテゴリ分けが多すぎて、昭和生まれの筆者はちっともついていけないのですが、流行り物についていけないようでは、恋愛戦線から脱落してしまいます。というわけで今回は、ソーセージパン男子とやらの攻略法を考えてみましょう。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】どうしたらいい? 意中の男性が既婚か未婚かハッキリしない場合

いいなと思った男性にカノジョがいることが後から判明するのは20代、いいなと思った男性に女房がいることが後から判明するのが30代です。筆者も何度かやらかした経験があるのですが、いいカンジかもと勝手に勘違いをし、コツコツ地道にアプローチを続けてきた矢先に女房がいると知るのはなかなかのダメージですよね。

「女房がいるなら思わせぶりな態度とるんじゃねえ!」とキレる前に、事前防止策はないか考えてみましょう。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 15