「三上丈晴」にまつわる記事

2016年に世界が滅亡するという5つの予言! 最速で2月14日に地球終了 / 月刊ムー編集長「的中の可能性は低い。ただし予兆はある」

有史より幾度となく予言されている世界の滅亡。最近だと、1999年のノストラダムスの大予言、そして2012年のマヤ暦の人類滅亡説などがある。しかし、世界は終わることなく私たちは健在だ。今日も生きている。

だがしかし……実は、この2016年、今度こそ世界が滅亡すると予言されているというのだ。それも5つも! その5つの予言が、海外サイトでまとめられて注目を集めているのだが……本当に今年が人類最後の一年になるのだろうか。

続きを全部読む

提供:東芝

【謎の4K映像】君は正体を見破れるか!? 空飛ぶUFOとフライングキャットを東京某所で激撮 / 未確認飛行物体のプロ・月刊ムー編集長に鑑定してもらった

昔から現在まで、UFOと呼ばれる謎の飛行物体の目撃例は、後を絶たない。その多くがニセモノであったり正体が分からなかったりと事実が闇に葬られたまま終わっているが、いったいUFOたちは何が目的で我々の前に現れているのだろうか?

そんなUFOを心から愛し正体を追及しているのが、ロケットニュース編集部のGO羽鳥記者。彼はヒマになるとそこらへんの川原でビデオカメラを回し、UFOが出てこないか録画しているのだが、なんと最近、UFOとフライングキャットの撮影に見事成功したのだという。

続きを全部読む

グリーンピースがナスカの地上絵に残したメッセージにブチギレたのはペルー政府だけではなかった! 月刊ムー編集長「これはダメだ。そもそも認識が甘い」

2014年12月8日、ペルーで「COP20(国連気候変動枠組み条約第20回締約国会議)」が開催されている真っ直中、世界遺産「ナスカの地上絵」付近に環境保護団体グリーンピースが侵入し、環境保護を訴える “TIME FOR CHANGE(変化の時)” との巨大メッセージを残していった……。この活動に対し、世界中から非難が殺到!

もちろん日本のネットユーザーも「世界遺産になんてことしやがる!」と激おこで、果てはペルー政府までもが「深刻な影響があった」とブチギレた。だがしかし……それよりもなによりも、世界で最も怒らせてはいけない重要人物をグリーンピースは刺激してしまったようだ。日本最強のオカルト雑誌『月刊ムー』の編集長、三上丈晴氏である!!

続きを全部読む