「七夕」にまつわる記事

【知ってた?】2018年の七夕は8月17日

七夕と言えば、夏のビッグイベント。14光年以上離れた織姫(こと座ベガ)と彦星(わし座アルタイル)が年に1回会えるという日だ。日本では、7月7日の前後にその伝説に基づいた祭りが各地で開催されている。

そのため、「七夕」と聞いて「もう終わったじゃん。いつの話してんの?」と思う人もいるかもしれないが、とんでもない。2018年の七夕は8月17日って知ってた

続きを全部読む

【画像多数】ディズニーの「七夕イベント」と「ドナルド誕生日イベント」をディズニーオタクがガチで楽しんだ結果

体も心もアツくなる夏まであと少し。だが、そのアツい夏が来る前の大切なイベントが2つあることを忘れてはいないだろうか? そう、「七夕」「ドナルドの誕生日」である!

東京ディズニーリゾートは6月7日~7月7日までの31日間、七夕をテーマにしたプログラム『ディズニー七夕デイズ』とドナルドの誕生日をお祝いするプログラム『ドナルドの “ハッピーバースデー・トゥ・ミー!” 』を開催する。

毎年恒例の七夕イベントだけではなく、キュートでお茶目なドナルドの誕生日を祝えるイベントまで開催するだと!? ディズニーオタクとしては参加せずにはいられねえ! ということで、両イベントを全力で楽しんできたぞ。

続きを全部読む

【やってみて】「七夕のうた」をちゃんと最後まで歌える人は10人中1人くらい

まずは何も言わずに “七夕のうた” こと『たなばたさま』を歌ってみて欲しい。2番まであるが1番だけでいい。出だしが「ささの葉さらさら~♪」から始まるあの歌である。

……どうだろうか? きちんと歌えただろうか? おそらく多くの人が「ささの葉サラサラ~♪ フンフンフ……あれ? なんだっけ?」と、次のフレーズが出てこないハズだ。みんなが知っているハズなのに出てこない「ささの葉さらさら」に続く歌詞とは一体……。

続きを全部読む

【画像多数】東京・阿佐ヶ谷の「七夕まつり」のはりぼてが今年も超個性的だった件

夏真っ盛り! 各地で記録的な猛暑を記録し、花火大会や盆踊り大会が開催され、まさに夏本番である。今年もやってきたぞ、東京・阿佐ヶ谷の七夕まつりが! 毎年超個性的な「はりぼて」が通りを賑わせているのだが、今年も例年以上に興味深い作品のオンパレードだった。

割と多く目についたのが、国民的ヒーローの『アンパンマン』。そして、現在公開中の映画『ファインディング・ドリー』のはりぼて。特に個性的だったのが、米大統領選挙で大注目のドナルド・トランプ氏だ。

続きを全部読む

【大人のドヤ顔知識】織姫と彦星は恋人同士じゃない

大人だったら、サラリと己の知識を披露したいもの。心の中ではどんなに「どやぁぁあああ!」と思っていても、クールにキメるのが、スマートなレディース&ジェントルメンである。

そんな「知ってたらちょっとカッコE」使える豆知識を伝授するのが、『大人のドヤ顔知識』のコーナーだ。第4回目は、七夕の日にピッタリの「織姫と彦星は恋人同士じゃない」というドヤ顔知識である。ここで勉強して、いざという時に心の中でドヤ顔をキメようぜ!

続きを全部読む

【衝撃】七夕の短冊に書いた願いが「叶った」という人が2割強もいることが判明! 今すぐ願いを書いておけ

もうすぐ七夕。誰もが子どもの頃、願いを書いた短冊を笹の葉に飾ったはず。しかし今ではほとんどやっていないのではないだろうか。そんな七夕に関して、驚くべき調査結果が明らかになった!

・2割の願い叶った!
カルピス株式会社の調査によると、なんと2割強の人が短冊に書いた願いが叶ったというのだ。え? なんでカルピスがそんなことを調べてるのかって? カルピスが七夕に発売開始されたからに決まっとろうが! そんなことも知らずに「カルピスうめえ」って飲んどったんかッ!

続きを全部読む

7月7日は七夕であった。地域によっては、月遅れで8月7日に短冊を飾るところもあるかも知れないのだが、先日の七夕の際に、とあるブログユーザーの息子さんが、幼稚園で将来の夢を短冊に書き、家に持ち帰ったそうだ。そこにはこう書かれていた。

「けいさつかんになりたいです」

とても頼もしい願いであり、父親であるブログユーザーは嬉しく思ったという。しかし、その理由がなかなかユニークで、インターネット上で注目を集めている。

続きを全部読む

ベッキーさんがガガさんの日本語を絶賛! ネットユーザー「え、本物?」

今日は七夕。短冊に願いを書いて、笹に吊るしている人もいるのではないだろうか。そんななか、タレントで歌手のベッキーさんが、インターネット上に公開した画像が注目を集めている。

その画像とは、先日来日していたレディー・ガガさん直筆の短冊だ。日本語で願いが書かれており、外国人の筆跡と思えないほど達筆であるために、「え、本物?」との声が上がっている。

続きを全部読む