「一卵性双生児」にまつわる記事

思わず吹き出すくらい激似! 絶対にドッペルゲンガーだろっていう男性2人が飛行機内で運命の出会い

「この世の中には、自分にソックリな人が3人いる」とはよく言われることだ。俗に言う「ドッペルゲンガー」というやつだが、死ぬ間際に出会うなんて都市伝説も存在するだけに、その人物と遭遇する確率は高くないと思う。……ところが!

“運命の出会い” を体験してしまった男性2人が話題となっており、あまりの激似ぶりに驚きを超えて吹き出す人が続出している。飛行機内で隣になったアカの他人同士がソックリだったのだが、これが怖いくらい似ていたのだ。

続きを全部読む

【奇跡】生き別れになった双子の姉妹が10年ぶりに感動の再会! 共通点だらけの2人に「ツインズ・パワー」を感じられずにはいられない!!

血を分けた兄弟姉妹は、やはり友達とは違う。特に、母親の子宮から一緒だった双子は、兄弟姉妹を超えた絆で結ばれているのではないかと思う。

一卵性双生児の妹を持つ筆者は、そんな思いに時々駆られることがあるのだが、生き別れになった双子の姉妹が10年ぶりに再会したニュースを紹介したい。なんと、互いを見つけた二人の軌跡がソックリで、ツインズ・パワーを感じずにはいられないのだ!

続きを全部読む

自分のソックリさんを見つけるサイトで「他人だけど双子みたいな二人」が対面!! あなたもドッペルゲンガーを探してみたい?

以前、3人の若者が「自分のドッペルゲンガーを探しています!」とネットで呼びかけて、どれだけ自分に似ている人を見つけられるか、3人で競うというチャレンジを紹介した。

今度は、彼らが始めたソックリさんを探すウェブサイトで、またもや一卵性双生児並みにクリソツな他人が対面!! 「世の中には血がつながっていなくても、ここまで激似の人がいるんだ!」と思わず驚愕してしまうこと間違いなしの動画は、「Ambra and Jennifer – Amazing Doppelgängers」で確認できるぞ!

続きを全部読む

「自分のドッペルゲンガーを探しています!」とネットで呼びかけたところ “驚異的にクリソツな人” が現れて対面しちゃった件

世界には70億以上もの人がいるので、一人ぐらいは自分にソックリな人がいてもおかしくなさそうだ。筆者は一卵性双生児なので、わざわざ自分に激似の人物を探そうとは思わないが、“ツイン・ストレンジャー” と題したチャレンジで、「自分のドッペルゲンガーを探しています!」とネットで呼びかけた人達がいる。

こうして世界中から寄せられた候補者のなかから、チャレンジャーの女性が、近くに住む自分に驚異的にクリソツな人と対面しちゃったニュースが話題を呼んでいるので紹介したい。赤の他人同士でここまで似ているとは、なんとも驚きだ!! チャレンジの様子は、動画「Niamh – Meeting my doppelgänger 」で確認できるぞ!

続きを全部読む

「もっとソックリになるための美容整形に2400万円を費やした双子姉妹」と交際している男性も実は双子だった!

胎内にいる時から一緒で顔がソックリな双子は、神秘的な存在としてとらえられることが多く、双子にまつわる不可思議な話も多い。以前にも「同じ男性と交際し、もっとソックリになるための美容整形に2000万円を費やした双子姉妹」についてお伝えしたが、またも彼女らが話題になっているので最新画像と共にお伝えしたい。

続きを全部読む

【研究結果】締め切りを守れないのは両親のせい?「先延ばし遺伝子」が存在する説が発表される

「やらなきゃいけないことがある……でも今日はちょっといいや……うん、明日やろう」。そんなふうに物事を後回しにしたり、締め切りがちゃんと守れなかったりする人をよく見かけないだろうか。

なんと、この性格、実はDNAに刷り込まれていたもので、「先延ばし遺伝子」というものが存在するのではないかという説が浮上しているのだ!!

続きを全部読む

なかなか知らない「双子」についての11の真実

双子の誕生率は、世界的に増加していると言われ、アメリカでは現在出産する約30人に1人が双子という統計がある。その原因は、高齢出産の増加や、排卵誘発剤の使用の増加によって起きているのではないかと言われている。

今後もどんどん増えていくかもしれない双子だが、我々は双子のことを、あまりにも知らなさすぎるのではないだろうか。そこで、今日は米ニュースサイトにまとめられていた「なかなか知らない双子についての11の真実」を紹介したい。

続きを全部読む

中国で2歳の男児が「双子の兄弟」を出産

世界では信じられないような出来事がたびたび起きているが、2歳の男の子が自身の片割れである「双子の兄弟」を出産したとのニュースが報道され話題となっている。このニュースは動画「Xiao Feng, 2-Year-Old, Gives ‘Birth’ To Own Twin In China」で確認可能だ。

続きを全部読む

「7000万分の1」という確率の出産を成功させたアメリカ人女性「四つ子かと思ったら双子が二組だった!」

一卵性双生児が誕生する確率は、一説によると240分の1。これが3つ子、4つ子……と人数が増えていくにつれ、出生確率は低くなっていく。2007年に米国で一卵性の4つ子が誕生した際は、1300万分の1と言われた。

そしてこのたび、なんと7000万分の1という確率で多胎児が誕生し話題になっている。一体何人生まれてきたのか……と思った方もいるかもしないが、誕生した赤ちゃんの人数は4人。実は彼らは、「二組の一卵性双生児」だったのである。

続きを全部読む