研究者「中国の一人っ子世代はワガママで責任感も協調性もない傾向」 中国人「誰だって中2病ぐらいかかるだろ」

世界的に類を見ない中国の人口抑制政策「一人っ子政策」。民族や地域によっては例外や緩和も見られるが、多くの中国人にとって子どもは一人きりだ。そんな彼らは両親に双方の祖父母6人の愛情を一身に受けて育つ。甘やかされるケースが多く「小皇帝」などと呼ばれることが多い。この中国の政策によって生まれた「一人っ子」を対象とした研究が物議を醸している。

その研究によると「中国の一人っ子政策世代はワガママで責任感も協調性もない」というのだ。

続きを全部読む