「ローラン・リュキエ」にまつわる記事

仏国営放送のテレビ司会者が、福島原発を揶揄(やゆ)するような発言をして物議をかもした。その影響が思わぬところへも広がっている。司会者の発言問題を知った女優藤原紀香さんが、Facebook上で次のように発言し、怒りをあらわにしているのだ。

続きを全部読む

以前の記事で、フランス国営放送のテレビ司会者が、福島原発事故を揶揄(やゆ)するような発言をして、物議をかもしたことをお伝えした。この司会者、ローラン・リュキエ氏の発言問題に駐フランス日本大使館は文書で抗議し、政府藤村修官房長官も不快感を示したのだが、彼が再び暴言を発していたことが判明した。

ローラン氏はラジオ局「Europe1」で、日本側に抗議されたことに触れ、「(問題になった発言で)日本人も福島の犠牲者も侮辱したつもりはない」と反論。そして「フランスのテレビ放送がやることを、決めるのは日本じゃない!」としたうえで、「正気じゃない!」と猛烈に抗議した。さらに次のように表現して、とるに足らないことと言い放った。

続きを全部読む

仏番組司会者の「原発の影響」発言に一般人が謝罪 「日本人の皆様そして福島県民の皆様に『申し訳ございません』と伝えたいと思います」

フランスの国営放送が、先ごろ放映された番組内で、日本の原発事故を揶揄(やゆ)する内容を放送し物議をかもしている。このことについて、フランス国内でも批判が相次ぎ、在フランス大使館は文書で抗議。政府、藤村修官房長官も不快感を示している。

そんななか、とあるフランスのインターネットユーザーがYoutubeにフランス国民として、謝罪するメッセージを公開したのである。その人物は、「日本人の皆様そして福島県民の皆様に『申し訳ございません』と伝えたいと思います」としたうえで、問題の発言を行ったテレビ司会者に対して、「フランス人のイメージを汚したことを許せない」と怒りをあらわにしている。

続きを全部読む