「ロケシュラン」にまつわる記事

ロケットニュース24記者がオススメする絶品ラーメン店まとめ

ロケットニュース24の記者たちが「ココはマジでウマい!」と胸を張ってオススメするレストランを、ドカンとまとめて紹介するコーナーが始まったぞ! 第1回目となる今回は、みんな大好き『ラーメン』だ。8人の記者たちがオススメする絶品ラーメン店は……以下の8店である!

続きを全部読む

【超おススメ】美味しいご飯も食べ放題!日本一愛情を感じる家系ラーメン店『五十三家』は唯一無二の店である

濃厚な豚骨醤油スープと、モチモチの中太麺が特徴。横浜発祥のラーメンといえば『家系ラーメン』だ。記者(私)はじつは以前は家系ラーメンがそんなに好きではなかったのだが、そんな概念を覆してくれた素晴らしいラーメン店がある。

それは、東京・桜台駅近くにある『五十三家』。味ももちろん超美味しいのだが、記者はラーメンを一口食べた瞬間に、作り手の“料理や客にかけている愛情”をものすごく感じた。今回はそんな五十三家の魅力を、余すことなく解説したいと思う。

続きを全部読む

店外の “匂い” に怯まず足を踏み出せ! さすれば美味しいラーメンが待っているぞ / これぞ都内3店鋪展開の「百麺」の豚骨醤油ラーメンだ!!

みんな大好きなラーメン。「週に2、3回はラーメン屋に通ってるよ!」という人もいるかと思うが、「長〜いことラーメン屋から足が遠のいてるなぁ」という人だっているはずだ……。

かく言う私(筆者)も、ラーメン屋に過去10年間行っていなかった……。しかし、意を決してラーメン屋の暖簾(のれん)をくぐると、「やはりこの味は家では再現できんっっっ」と感涙にむせぶことになったのである。今回は私(筆者)が、10年間守り通した「ラーメンの操」を捧げた『百麺 世田谷店』をご紹介したい。

続きを全部読む

普通だけど普通じゃない! 究極レベルの普通!! 磨き抜かれた「普通のラーメン」は絶句レベルの完成度ッ!! 東京・御茶ノ水『大至』

それこそIT業界並みのスピードで、目まぐるしく進化を続けるラーメン。家系・がんこ系・二郎系。魚介系・豚骨系・ポタージュ系など、今日も “進化系ラーメン” が日本のどこかで産声を上げているに違いない。

そんな進化系ラーメンももちろんウマいが、今回はあえて原点に立ち返った「普通のラーメン」をご紹介したい。ただし、普通といっても単なる普通ではない。「普通のラーメンも磨き上げたらここまでウマくなるのか!」と唸ってしまうような、「究極の普通のラーメン」である。

続きを全部読む

【練馬のグルメ】光が丘の台所「大盛軒」で一番人気の広東麺は寒い冬にピッタリ!

以前の記事、練馬あるあるにも登場した、光が丘(ライトヒル)の台所「大盛軒(たいせいけん)」。実は読み方を知らない人が意外といるかもしれないが……「おおもりけん」じゃない、「たいせいけん」だ!

地味な練馬の魅力をちょっとずつご紹介し、23区としての認知度を少しでも上げられたら……そんな思いから、今回は練馬あるあるのスピンオフとして、「大盛軒」より、私(筆者)も大好きな一番人気メニュー『広東麺』をご紹介!

続きを全部読む

地元民イチオシ! 名店中の名店「新福菜館本店」は中華そばだけでなく “やきめし” も絶品!!

JR京都駅の北口を出て、東側に向かって数分歩くと、いつも行列の絶えない2つのラーメン店がある。「京都たかばし 本家第一旭」と「新福菜館本店」だ。隣に軒を構える両店は、京都で人気を二分する老舗中華そば店である。

隣同士で営業する両店は、とも文句なしにレベルの高いラーメン店であり、各店に熱烈なファンがいる。実はその2店のうち、「新福菜館本店」は以前に以前ロケットニュース24でもお伝えした。

ただ地元出身で恐らく50回以上通った記者から見ると、1回取り上げただけでは、まだまだ足りない! そこで今回は再び「新福菜館本店」について紹介していきたい。

続きを全部読む

【グルメ】こってり系への理解が変わる洗練された「鶏白湯SOBA」に敬意を表す! 東京・銀座篝(かがり)

いきなり私事で恐縮なのだが、記者(私)はその昔、東京・銀座の飲食店で務めていたことがある。その当時、いつも休憩する場所が決まっていて、路地裏の小さな抜け道にある自販機の前で一息ついたものだ。

その場所には中華屋があって、妙に繁盛していたと記憶している。その店は後に盛岡冷麺の店になり、これまた繁盛。どういう訳かまたまた店構えが代わり、2013年3月から今の「銀座 篝(かがり)」になったはずである。このお店、開店1年目から大人気店になり、ネット口コミサイトの年間ランキングに初年度にしてランクイン。現在も昼時は行列なのである。

続きを全部読む

東京・神田でコスパ最強のラーメン屋といえばココ! 学生とサラリーマンに愛され続ける『らーめん ほん田』

「旨いものをリーズナブルにお腹いっぱい食べたい」となれば、学生やサラリーマンが集まる場所を探すのが最も効率がいい。

東京の千代田区神田は古くから学生街でありビジネス街として栄えている。そのため、皇居も近くまさに一等地であるにもかかわらず、ラーメンが350円で食べられる店があるのだ。知る人ぞ知る『らーめん ほん田』である。

続きを全部読む

【伝説のラーメンを求めて】超絶ストロングな “しょうが風味” に衝撃! 幡ヶ谷『我武者羅』の生姜醤油らぁ麺を食べたら新潟に行きたくなった

先日、かつて秋葉原駅前にあった伝説のラーメン屋『ラーメンいすず』についてのコラムを書いた。一度食べたら忘れられないショウガ風味。ファンも多かったが、十数年前に惜しくも閉店。熱烈な支持者は今でもいすずの味を思い出し、「いすずみたいなラーメン」を追い求めている。

ネット上にはチラホラと「あのお店のラーメンが、いすずっぽかった」という勇者からの情報が書き込まれているが、実際に食べてみないと分からない。果たして本当にいすず風なのかは、自分の舌で確かめるしかないのである。

ということで今回行ってみたのは京王線・幡ヶ谷駅からスグの場所にある新潟風ラーメン店『長岡 生姜醤油 我武者羅(がむしゃら)』だ。「我武者羅の生姜ラーメンが近い」という情報があったからである。

続きを全部読む