「ラー油」にまつわる記事

【裏ワザ】大阪王将の公式も認める相性の良さ!「ふわとろ天津飯」にラー油をかけたら最高って知ってた?

ラー油のポテンシャルを、まだ私達は全然知らないのかもしれない。「食べるラー油をチョロっと味わったくらいで、私のことを分かったつもりになってもらっては困りますよ。フッフッフッ……」 そんな “ラー油神” の声が聞こえてくるようだ。

今の私には、その声がはっきりと聞こえている。大阪王将で天津飯を食べながらも、しっかりと耳に届いているぞ。声がどこから聞こえるのかと言うと……卓上からだ!

続きを全部読む

「ローソン」と「餃子の王将」の奇跡のコラボ実現! 6月30日から『からあげクン 餃子味』が発売されるぞーーーッ!!

皆さんはご存知だろうか? ローソンの人気商品「からあげクン」は2016年に発売開始から30周年を迎える。発売されているフレイバーはこれまでで147種。現在も季節ごとに新フレーバーが加わり、味のバリエーションは尽きることがない。

そんなからあげクンに、148品目が発売されるぞ! その名も「餃子味」だ。「餃子といえば?」、と尋ねられたら多くの人がこう答えるはずだ。「餃子の王将」、そう! この商品はなんと、餃子の王将の監修により商品。実は同社が商品の監修をするのは、これが初めてのこと! ローソンと餃子の王将の奇跡のコラボが実現したのであるーーッ!

続きを全部読む

【最強レシピ】絶対に試してくれ! しゃぶしゃぶが100倍ウマくなるタレがこれだ!!

夏の定番メニューがそうめんなら、冬の定番メニューは鍋である。熱々の鍋は冷えた体だけではなく心まで温めてくれる、ある意味で究極の料理……。中でも「しゃぶしゃぶ」は手軽でウマくて最高! 最近では「立ちしゃぶ」や「ノーパンしゃぶしゃぶ」をする人もいるくらいだから、“最強鍋” であるといっても過言ではないだろう。

最強鍋である「しゃぶしゃぶ」には『最強のタレ』こそがふさわしい……。ゴマダレ? 大根おろし? ゆず胡椒? ――ノンノンノン。今回は「しゃぶしゃぶ道」を追い求めた筆者が辿りついた『最強のタレ』のレシピをご紹介したい。マジでしゃぶしゃぶが100倍ウマくなるぞーーー!

続きを全部読む

【2007年発売】香り高きカドヤの「黒ゴマラー油」が革命的なウマさ! 7年間も気付かなかった自分を呪いたくなるレベル!!

2010年頃、「食べるラー油」が大ブームになったことを覚えている人は多いことだろう。“調味料を食べる” という発想は斬新で、巷には数々の食べるラー油関連の商品が登場した。一方、通常のラー油はというと、餃子を食べるときに使うくらい……という人が多いはずだ。

かくいう私(筆者)もその一人……だったのだが! 知人に勧められた、2007年販売開始の『カドヤの黒ゴマラー油』が、思わず「ラー油革命やッ!!」と叫びたくなるほどウマさで、しかも何にでも使える万能調味料だったのである! 

続きを全部読む

女の子が包んでくれる「ワンタン」で体も心も温まる! 寒い日のワンタン麺は最高

今年も余すところ2週間。毎日寒さが募り、ところによっては初雪の報せも届いている。こう寒いと、温かいものが食べたくなるというもの。そこでおすすめしたいのがワンタン麺だ。麺と点心が一度に楽しめてしまう素敵な料理だ。もしもそのワンタンを可愛らしい女性が包んでくれていたとしたら、体だけでなく心も温まるに違いない。

都内でチェーン店を展開している「広州市場」では、心身ともにポッカポカになるワンタン麺を提供している。寒い日は寒かった分だけ、温まることができるのだ。

続きを全部読む

伝説のラー油「ラオガンマー(老干媽)」でマーボー豆腐を作ってみた / 辛味が効いててやっぱうめぇぇぇ!!

先日、ロケットニュース24で中国の伝説のラー油「ラオガンマー(老干媽)」をご紹介した。中国人のみならず日本人をも虜にする味わい、コスパも最強なラー油だ。

そのラオガンマーでマーボー豆腐を作ってみたところ、涙が出る程うまいじゃないか! 調理時間もなんとたった10分。皆さんにも激しくご紹介したい。ラオガンマーさえあれば、あとは家にあるものでほぼ本場の味が楽しめるぞ!
 
続きを全部読む

食べるラー油とか色々出たけど、結局桃屋の『やわらぎ』が最強だってことに気付くよね

一時はほとんど手に入れることができなかったほどの人気商品『食べるラー油』。現在はようやく人気も落ち着き、普段行くスーパーで見かけるようになってきました。

また、その後も食べる調味料が続々登場し、食べる●●フィーバーとなっていましたが、結局『食べるラー油』を超える商品は今のところ現れていません。

ただ、皆さんももうそろそろお気づきだとは思いますが、「あれっ、食べるラー油って、良く考えるとたいしたことないんじゃないか……!?」と正気に戻った人は多いのではないでしょうか。

そうです。結局テレビなどのマスコミが「ウマい!」、「大人気で品切れ!!」と煽っていたために、みんなこぞって買い占めていただけなんですよね。

そんなラー油シンドロームから立ち直り、正気に戻った人たちが購入するのが、桃屋の『やわらぎ』です。はっきり言います。桃屋の『やわらぎ』は唯一神であり、これを超える商品は過去になく、これから先も出てくることはないでしょう。

続きを全部読む

予約購入は4カ月先! 入手困難な幻のラー油「石垣島ラー油」がマジウマすぎる件

食べるラー油はどこでも売っているが、そのなかでも幻のラー油とされる「石垣島ラー油」をご存じだろうか? この「石垣島ラー油」は、沖縄・石垣島の辺銀(ペンギン)食堂のオーナー・辺銀暁峰さんが開発したもので、約10年前の2000年に販売がスタートして以来、絶大な支持を得ている人気のラー油となっている。

島唐辛子、食塩、黒糖、ウコン、ヒハツモドキなどベースに10時間以上かけて作り、手作業でひとつひとつ生産するため、入手が困難でプレミア価格まで付くようになった。記者は実際、この入手困難な幻のラー油を食べるべく沖縄県石垣島に飛び立った。

続きを全部読む

ラードをモナカアイスにつめて食べてみた。ラードといえば、豚の脂が主成分の食用油脂。濃厚なバニラの味が、さらに濃厚になっておいしいに違いない! そう思ってラードをモナカアイスにつめて食べてみたところ、かなり美味しかった。

これはなかなかの新発見である。では、バニラアイスをすべてラードと入れ替え、100%ラードモナカとして食べたら美味しいのだろうか? さっそく試してみた。

続きを全部読む

近ごろ『食べるラー油』がはやっている。もともとは沖縄の『石垣島ラー油』、久米島の『くめじまラー油』がインターネット上で話題となり、昨年から今年にかけて大手の食品メーカーがラー油市場に参入。日本中でブームとなった。そして、ファーストフードチェーンのモスバーガーまで『ラー油バーガー』を期間限定で販売。『食べるラー油』は新たな調味料として、すでに食卓にその地位を占めている。

そんななか、あえてラー油ではなくラードをご飯にかけて食べてみた。ラー油とラードって名前も似ているし……。

続きを全部読む