「ラムネ」にまつわる記事

甘酒なのに炭酸だと…!? 森永製菓からラムネ味の甘酒登場 / スパークリング米麹甘酒<ラムネ味>

発売から45年以上、日本人の心を温め続ける森永の甘酒缶。どこか懐かしいような、和柄の小花デザインも変わることなく……と思っていたら、まったく毛色が違うのが出てきた。その名も「スパークリング米麹甘酒<ラムネ味>」! ラムネ味、だと……?

甘酒の濃厚なとろみと、こってりした甘さは、どう考えてもラムネのシュワシュワ感と相容れないのではないか? どんな味になっているのか、異色のルーキーをチェックだ。

続きを全部読む

【超美麗】お菓子で作る「枯山水」と「日本庭園」で禅のマインドを会得…はできなかったがラムネが旨くて最高だ

「枯山水」……その名のとおり水を一切使わず、砂や石だけで山河を表現する日本伝統の庭園様式。波や水流は、砂紋(さもん)と呼ばれる砂利の模様で表現する。そんな枯山水をわずか500円のお菓子で作れるキットがあるというから驚いた。

寺院の砂紋引きは修行の一環だというし、お菓子とはいえ集中して庭を作る作業は心の平安に効果がありそうだ。少しでも俗世を離れ、人間として成長したいという思いから作ってみたのでご紹介しよう。

続きを全部読む

マックの森永ラムネシェイク、ラムネ感薄くない? → バニラシェイクに森永ラムネを投入した結果

2020年5月20日より、マクドナルドが期間限定で「マックシェイク 森永ラムネ」を発売した。その名の通り「森永ラムネ」とのコラボシェイクなのだが……なんだか「ラムネ感」が薄いような……?

そこで、真に「ラムネ味」なシェイクを追い求め、森永ラムネをバニラシェイクに投入してみた。

続きを全部読む

旧型客車を改装したカフェ「オハフ33」がレトロ過ぎて最高 / 昭和初期の木目調の雰囲気も車窓からの景色も完璧

つい先日、福岡県北九州市の門司港エリアを運転していたら、国内最大級の「たこの滑り台」を見つけた。デカ過ぎィィイイイ! さっそく車をとめてタコに近づいてみると……おや、タコのさらに奥に、謎の機関車が放置されているぞ。おいおい何だアレ?

ということで、タコはスルーして機関車の元へ。ほほう、どうやら放置されているわけではなく、旧型客車を改装したカフェとして営業しているようだ。昭和時代のレトロな雰囲気が楽しめるらしい。マジかよ最高じゃないか。よし、中へ入ってみるぞ!

続きを全部読む

33.960307130.965814

ウン十年と『ヤンヤンつけボー』を食べてきたオレが行き着いた「最高にして究極のヤンヤンつけボーの食べ方」がコレだ

突然だが、「ヤンヤンつけボー」って知ってるかい。スーパーとかでよく売ってる、明治「ヤンヤンつけボー」のことさ。オレはもう、ヤンヤン歴ウン十年。物心ついた時から食べている。40間近の今でも食べている。

ついでに言うなら海外でも食べていた。遠い昔、とある雑誌で、世界の「ヤンヤンつけボーっぽいお菓子」を実食レビューするコーナーを連載していたくらいのワールドワイドなヤンキーだ。そんなオレが行き着いた「最高にして究極のヤンヤンつけボーの食べ方」を今回は紹介したい。

続きを全部読む

【リスペクトの結果】どう見ても「ペプシ」で「コカコーラ」なラムネを飲んでみた

「パクリ」と「インスパイア」の違いとは何か。ジャンルによって細かい規定はあるが、共通して言えるのはリスペクトする気持ちが表れているかどうかが、ひとつのポイントではないだろうか。もっと簡単に言えば、愛! 愛があるかどうかだ。

さて、先日、スーパーをブラブラしていた際にこんな商品に遭遇したので報告させてほしい。それも『赤い方のコーラ味ラムネ』『青い方のコーラ味ラムネ』! コーラで赤と青って……アレしかないじゃないか!? 一体どういうことなのか、実際に飲んでみた。

続きを全部読む

知らなかった!「サイダーとラムネの違い」に驚かざるを得ない / サントリー公式ページに意外な事実が……

世の中には違いのわかりにくいものが、たくさん存在する。たとえば、そうめんと冷麦、ハイキングとピクニックなど。一見同じじゃないの? と思ってしまうのだが、これらには微妙な違いがある。ちなみに、そうめんと冷麦は麺の太さに違いがあるそうだ。

さて、ではお尋ねしたい。「サイダーとラムネの違い」はわかるだろうか? 実はその答えが、サントリーの公式ページに記載されている。この2つの意外な事実が記されているのだ! そうなのか、知らなかったぞーーーッ!!

続きを全部読む

【ツラい】まさかの「ラムネわらび餅」爆誕!→ ウマいマズいじゃなく脳が混乱する味と判明

関東地方も梅雨入りし、ムシムシと湿気が強くなってきた今日この頃。そんなときに「涼しげで・お手軽で・美味しい」のが “わらび餅” である。コンビニでも100円で購入できる高コスパスイーツだから、みなさんきっと大好きなことだろう。

そんなわらび餅の味付けといえば、長らく「黒蜜 & きな粉」の一択であったが、つい先日スーパーで『ラムネわらびもち』なる衝撃的な商品を見つけてしまったのでご報告したい。ラムネ……わらびもち……! 全ッ然、味の予想がつかへんで!!

続きを全部読む

山梨県にしか売っていない幻のラムネ『黒糖ラムネ』を飲んでみた! 作っているのは「信玄餅」で有名な桔梗屋

山梨県のお土産として有名なお菓子といえば、信玄餅こと「桔梗信玄餅(ききょうしんげんもち)」ではないでしょうか。製造・販売をしているのは、商品名にも入っている「桔梗屋(ききょうや)」です。

そんな桔梗屋の工場で、とても珍しい飲料を発見しました。その名もズバリ『黒糖ラムネ』! なんでも山梨県にしか売っていない幻のラムネなのだとか。山梨限定! しかも幻! どんな味がするのかな? さっそく飲んでみましたよ!

続きを全部読む