「ラッパー」にまつわる記事

【マジかよ】米大物ラッパーが最新曲で「山下達郎」をサンプリングして話題に! ファレル、カニエ・ウェストなども参加のアルバム

ヤマタツことミュージシャンの山下達郎さん。御年66歳、言わずと知れたレジェンド的存在である。今なお若い音楽家にも影響を与え続ける姿には頭が下がるが、つい先日、とあるアメリカのラッパーが自身の最新曲でヤマタツをサンプリングして話題になった。

ヒップホップ集団「OFWGKTA(オッド・フューチャー)」のリーダーでもあるタイラー・ザ・クリエイター。音楽好きなら知らぬ者はいない超ド級の大物である。あのタイラーがまさかヤマタツを……。姉さん、これは事件ですよ。

続きを全部読む

【動画あり】ラッパーなのに魚のプロ! 築地の高速早口ラッパー「フランケン」のギャップが最高すぎる!!

世の中には「うなぎ屋なのにカレーが美味しい店」や「超童顔なのに筋肉ムキムキの女性アイドル」など、多くの “〇〇なのに〇〇” が存在する。やはりギャップが大きければ大きいほど話題になりやすく、インターネットの波に乗り世界中へ拡散されることも少なくない。

今回ご紹介する “〇〇なのに〇〇” もまさしくそれで、日本のみならず世界中に知られる可能性を秘めている。なんと今、日本最大級の魚市場・築地市場で「ラッパーなのに魚のプロ」が話題になっているというのだ。これは……超カッコいい!

続きを全部読む

【想像の100倍】エミネムの娘が美しすぎてヤバい

史上最も売れたラッパーであると同時に、たいへん子煩悩な父親としても知られている、エミネム。中でも自身の腕に愛娘の似顔絵のタトゥーを入れていることは、ファンの間でも有名なエピソードだ。

なんとそのエミネムの娘が昨年2016年10月頃にインスタグラムのアカウントを開設。少ない投稿数にもかかわらず、フォロワーが増え続けているという。人気の秘密を確かめようと写真を確認すると……な、なんと! あまりにも美しすぎるではないか!!

続きを全部読む

【辺境音楽マニア】なぜそこに赤道ギニア人? 南京で活動するラッパー「Mastermix Masta」にインタビュー

以前の記事で、中国・南京で活動する赤道ギニア出身のラッパー「Mastermix Masta」について紹介した。彼の音楽自体に特筆すべき点は見当たらないのだが、その経歴に興味を覚えた私は、インタビューを申し込んでみた。

そうすると一週間ほど経過してから、返事が来た。本人はどれほど意識しているか分からないが、ラッパーとしては相当特異なバックグラウンドである事が分かり、色々な点で示唆に富んでいる。以下はそのやりとりだ。なぜ、南京で活動しているのだろうか?

続きを全部読む

プロモビデオで「ドラッグを売った経験」を歌にしたラッパーが信じられない ‟おマヌケな結果” を招いちゃった件

今の時代は、誰が見ているか分からないネット&SNSでの何気ないつぶやきや写真の投稿で、思いがけなく大炎上してしまうこともある。

そんな、ネットの威力を理解せずに、自分のプロモビデオで「ドラッグを売った経験」を自慢気に歌ったラッパーが、 ギャングスタらしからぬ ‟ おマヌケな結果” を招いちゃった件を紹介したい。

続きを全部読む

【似すぎ】有名黒人ラッパーが「ナインティナイン」の岡村さんに激似だと話題!! 本人だと言われても信じるレベル

世の中には自分とそっくりな人間が3人いる、とよく言うが、実際に遭遇することは珍しい。特に、国籍や人種が違うとなると相当なレアケースだろう。今回は、そんなレアケースが実現した例をご紹介しよう。

お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん。もはや説明不要の人気者である。その岡村さんが、なんとアメリカの黒人ラッパーに激似だと話題になっている。そんなバカな、と思うかもしれないが、マジで似すぎていて完全に本人と言っていいレベルだった!

続きを全部読む

【衝撃ライブ動画】男性がステージからダイブ → 客がよける → 男性が床に体を強打

悲しい事件が起こってしまった。1人の男性が、ミュージシャンのライブ中にステージから客席へダイブしたところ、客がよけてしまったのだ。結果、その男性は、体を床に打ちつけてしまうことに。決定的瞬間を収めた動画とともに紹介しよう。

続きを全部読む

【コラム】ご先祖様は忍者だと信じていたのに「酒を飲み過ぎて片目を潰した流浪のラッパー」だった

私の名前はGO羽鳥。別名マミヤ狂四郎だが、知られざる本名は羽鳥 豪(はとり ごう)だ。親父は瓦屋、祖父も瓦屋、曽祖父も瓦屋で、戦前から「羽鳥商店」という瓦問屋を営んでいた。先祖代々伝わる瓦屋の跡取り、それが私、GO羽鳥である。

それはどうでもいいとして、名前が羽鳥なもんだから、私のことを「忍者ハットリくん」と呼ぶ友人も幼稚園時代には多数おり、いつしか私自身も「実は……僕は忍者なのでござる」と思い込むようになっていった。

そのまま月日は流れて25年ほど経ったとき、祖父に「うちの祖先は忍者なんだよね?」と、真顔で質問したことがある。祖父は “どっから忍者なんて出てきたんだ? ”という顔をしながらこう言った。「おれたちのご先祖様は、羽鳥じゃないんだよ」……と。

続きを全部読む

【HIPHOP】最強ラッパー「黒人天才」が歌うラップ『吉野家』がマジでヤバすぎる件 / マクドナルドとバーガーキングを強烈にDIS

アメリカ人なのに日本語のラップを歌うことで、微妙に話題になったアンダーグラウンドなラッパーといえば『黒人天才』である。そんな黒人天才が歌う、とある牛丼チェーンを題材にしたラップがクセになりすぎると、一部HIPHOPファンのあいだで話題になっているらしい。

そのラップは日本発、アメリカにもチェーン展開する牛丼店『吉野家』をテーマにしたもの。さらにマクドナルドやバーガーキングといった大手ハンバーガーチェーンを強烈にDISっており、黒人天才が吉野家を物凄く愛していることが分かるクオリティに仕上がっているのだ。

続きを全部読む

カッコ良くポーズを決めるラッパーに最悪のアクシデント! ラッパーにとって絶対見られたくない動画は1週間で再生回数180万回突破!!

世の中には様々な職業があるが、その中でラッパーはかなりモテ度の高い職業と言えるだろう。なんと言っても、カッコいいもの。そのたたずまいからして、ヒップホップだもの。黙っていても、「YoYo!」って声が全身から聞こえてくるもの。

そんなラッパーの1人が、ラッパーらしからぬ醜態をさらしてしまった。しかもその動画が、アップからわずか10日ばかりで再生回数180万回オーバーと大ヒット中。一体、なぜ人々は他人の失敗、特にカッコいい男が大失敗する動画が大好きなのか……「やれやれ」と村上春樹の小説の主人公ばりに呟きながら見てみると……なんだ、これは! このラッパーには悪いがオモロ過ぎるぞ! これはヒットするわ!!

続きを全部読む

【まさかの展開】自称『セクシーなコック』が職場で“不適切写真”を撮ってFacebookに掲載 → 解雇 / 半裸エプロンで調理台に寝そべりポーズ

日本でもSNSに、勤め先のレストランやコンビニで冷蔵庫に入ったり商品の上に寝転がった写真を投稿して、従業員がクビになったケースが報告されて問題になったことがある。

そんななか、自称 “セクシーなコック” が、職場のキッチンで撮影した半裸写真をFacebookに投稿したばかりに、解雇される騒ぎが起こった。しかも、ご丁寧に雇い主まで写真にタグ付けしていたというから驚きである! ダメ押しで、投稿写真がまったくもってセクシーではないことも笑いを誘っている。

続きを全部読む

【音楽って素晴らしい!】偶然居合わせた3人のジャムセッションが最高に気持ちイイ! 動画が注目を集め1000万回再生突破

音楽って素晴らしい! 音楽大好きな音楽ラバーに絶対、絶対、絶対に見て欲しい動画をご紹介したい。

世界の至るところにストリートミュージシャンは存在するのだが、もしも何も語らずとも心が通じ合う表現者同士が、運命的に出会ったら何が起きるか? それを教えてくれるステキな映像だ。その出会いがもたらすもの、それは最高に気持ちのいいグルーヴである。突然始まった3人のジャムセッションは超カッコいい!!

続きを全部読む

【動画】エミネムの新作アルバムのプロモーション映像が「見事!」と話題に / 街の汚れをいかしてグラフィティ

世界的なヒップホップアーティストとして知られているエミネム。その彼が最近、新作アルバム『Marshall Mathers LP2』のプロモーション映像を公開した。

実は2013年9月に、カレッジフットボールの生中継に出演していたのだが、そのとき彼は放送中にも関わらず、明らかに様子がおかしかった。今回のプロモーションも心配ではあったのだが、今回は「リバース・グラフィティ」というものを採用し、全世界で高評価を受けている。ところでリバース・グラフィティってナニ?

続きを全部読む

完全に天使! 高校時代の「さかなクン」さんの写真が美少年すぎる

日本が世界にほこる魚マスターといえば、言わずもがな「さかなクン」さんだ。魚の知識は世界一といっても過言ではない。アメリカの超人気ラッパー「スヌープ・ドッグ」からもリスペクトされているという話は、あまりにも有名だ。

そんな さかなクンさんの公式 Facebook ページに、高校時代と思しき彼の写真がアップされ、あまりにも天使! あまりにも美少年すぎる! とファンたちをギョギョギョッといわせている。

続きを全部読む