「ライフル」にまつわる記事

【天才かよ】ダンボール製「電動ライフル」の完成度が高すぎる! 自動連射&マガジン交換で弾を補給可能

少年心をくすぐるエアガンやモデルガン。低年齢向けのものから本物さながらに作られたリアルなものまで様々な商品があるが、自動で連射できる電動ライフルになると高価なものがほとんどだ。

そんな中、ダンボールを使って電動ライフルを作りあげてしまった強者がいた。作り方を収録した動画をチェックしてみると……マジかよ! ダンボールらしからぬ完成度ではないか!!

続きを全部読む

まるでアクション映画! 偶然列車に乗り合わせた米軍人らが「ライフル銃で武装したテロ犯」を取り押さえて英雄に!!

平凡な日常を送っていても、いつ何時、大事件に遭遇するかは分からない。そんな時、どのように対応できるかはその人次第だが、願わくば勇気を出して正しい行いをしたいものである。

そんな、思わぬ事件に遭遇した若者3人がとっさの判断で、ライフル銃で武装したテロ犯を取り押さえてしまったニュースが話題を呼んでいる! まるでアクション映画を地で行くような活躍を見せ、英雄となった彼らについて紹介したい。

続きを全部読む

【男性閲覧注意】アンダープロテクターの強度を証明するためにCEO自ら「股間」でライフルの弾丸を受ける!

女性にはご理解いただけないかもしれないことだが、男性にとって金的を喰らう衝撃は、悶絶に値する。もしも言葉で表すとしたら、ヌオーーーッ! ウウウッ……。といった感じだ。もしかしたら、「悶絶」という言葉でも生ぬるいと感じるほどの苦しみ。呼吸も出来なくなるほどの苦痛に見舞われるのである。

・CEO自ら身をていして

アスリートにとって股間の安全を確保することは、自らの身を守るだけでなく、安心して勝負に専念する大事な鍵となる。そんな股間を守るプロテクターメーカーのCEOが、驚くべき実験を行った。それは自社のプロテクターを装着して、そのプロテクターをライフルで撃つというものだ! マジかよ、いくら自社の製品に自信があるとはいえ、一歩間違えば死ぬぞッ!?

続きを全部読む

初めてライフルを撃つ人でも「熟練スナイパーのように動くターゲットを仕留められる誘導銃弾」がコワすぎる!!

今年度のアカデミー賞で6部門にノミネートされた映画『アメリカン・スナイパー』は、“伝説の狙撃手” と呼ばれた元米海軍特殊部隊員クリス・カイル氏の人生を描いた作品だ。

スナイパーは確実に標的を射止めるために距離や風向き、風速を読まなければならず、熟練した腕と経験が必要とされる。だが、米国防総省が開発中の誘導銃弾なら、初めてライフルを撃つ人でも簡単にターゲットを仕留めることができるというのだ!! そんな、誰でもゴルゴ13になれてしまう恐ろしげなシロモノについて紹介したい。

続きを全部読む

何度もスマホを落として壊してしまう人はコレを買うべし! 実用性ゼロの無敵の硬度を誇る「1インチ装甲ケース」

手を滑らせてスマホを落とし、画面がめちゃくちゃになって泣く泣く買い替えた(泣)。そんな経験を持つ人もいるはず。そんな方に無敵のiPhoneケースをご紹介したい。

このケースを使用すれば、多少落としたくらいで絶対に壊れることはないはずだ。だって50口径の弾丸が直撃することを想定して設計され、鋼鉄製のプレートでガッチリと守られているのだから。ただし世界最重を自負しているから、かなり重いけどね……。

続きを全部読む

車を一撃で粉々にするSWATライフルが震え上がるほど恐ろしい!

「ライフルの破壊力はこんなにも凄まじいのか!」。この動画を見た後、きっと多くの人がそう思うことだろう。

超人気YouTubeチャンネル「FPS Russia」では、様々な武器の紹介をしているのだが、今回紹介された武器が恐ろしすぎて、現在ネットで話題になっている。その恐ろしすぎる武器とは、SWATスタイルのライフル「Remington 700 Tactical」。

続きを全部読む

危なすぎる! 自作の山刀スリングショット(パチンコ)

優しい笑顔のスキンヘッド男性が持つのは、自作の木製ロングライフル。しかしよく見てみると、単なるライフルではなく、ゴムを用いたスリングショット(パチンコ)式のライフルのようだ。さらによく見てみると、飛ばす「弾」は、「マチェット」とも呼ばれるゴッツい山刀。こ、これは……?

「山刀の扱いにはきをつけろ」と、自らの腕にある切り傷を見せながら嬉しそうに構造などを解説。そしてヘルメットなどの防護服を身につけて、段ボール製の的めがけてトリガーを引くと……

続きを全部読む