「ユネスコ」にまつわる記事

ユネスコの世界遺産委員会が7月5日、「明治日本の産業革命遺産」を全会一致で世界文化遺産に登録することを決定した。

喜ばしいことかと思いきや、日本の佐藤地ユネスコ大使が「1940年代に一部の施設で大勢の朝鮮半島に人々などが意に反して厳しい環境下で労働を強いられた」と述べた。

また、その内容を英文で説明する際に『forced to work』と、強制労働があったと思われる文言を使用してしまったため、日本政府が「強制労働」を認めたと解釈されてしまうのでは? という懸念の声があがっているのだ。

続きを全部読む

【パクリ騒動】中国に等身大の “パクリ・スフィンクス” が建設 → クオリティも微妙でエジプト激怒 → ユネスコに訴える

世界トップクラスの経済大国であり、同時に世界有数のパクリ大国と言われる中国。「イケる!」と思ったものは光の速さで模倣である。そのパクリ騒動が、いま、外交レベルの問題になりかけているようだ。

問題となっているのは中国で建設された「エジプトのスフィンクス」。これを見たエジプト政府が激怒し、ユネスコに訴えるという事態になってしまったのだ!

続きを全部読む

韓国「キムチが文化遺産に登録へ」 → ユネスコが否定 → さらにユネスコが韓国に警告「間違った情報を商業利用される恐れ」

以前、韓国政府がユネスコに「キムチとキムジャン文化」を無形文化遺産(世界無形遺産)に申請したと報じられた。審査結果は2013年12月に判明する予定だったが、その後、韓国国内では「無形文化遺産登録は確実」と報じられ、大いに盛り上がったそうだ。

しかし、ここにきて、ユネスコが「キムチが無形文化遺産に登録は間違い」であるとし、韓国側に警告をしていたことが判明。さらに「間違った情報が商業利用される恐れがある」と苦言を呈しているというのだ。

続きを全部読む

Googleマップの「世界遺産にも登録されているメキシコのマヤ文明のピラミッド」付近のストリートビューに謎の女性が写っていると話題

ネットで使える地図サービスの決定版といえば「Googleマップ」でキマリだろう。なにせ、その場にいるように周辺の景色が確認できる「ストリートビュー」があるからだ。まだ行ったことのない場所を、あらかじめ景色としてチェックできる。これは便利だ。最高だ!

そんな Googleマップのストリートビューで、メキシコのマヤ文明の遺跡の付近を見てみたら、なにやら謎めいた女性が写っていたと静かな話題になっている。

続きを全部読む

韓国政府がキムチを世界無形遺産に申請していた! 審査結果は2013年12月

韓国の代表的な食べ物といえばやはり「キムチ」。キムチは、唐辛子やニンニクなど複数のスパイスでつけた白菜の漬物で、韓国人なら外国に行っても食べないと気がすまないというほど。まさに韓国のソウルフードだ。

そんな韓国文化と切っても切れないキムチを、韓国政府は世界無形遺産(無形文化遺産)としてユネスコに申請していた。キムチが無形文化遺産になるのかどうか、その結果は2013年12月に判明するという。

続きを全部読む