「モフモフ」にまつわる記事

【モフモフ速報】お耳に “天使の羽” をもつウサギ!! 着ぐるみかと思ったら本物のモフっ子ウサちゃんだった!

ウサギの特徴と言えば、なんと言っても「長~いお耳」! ……だけじゃない! いま、Instagram でさらに特別なお耳を持ったウサちゃんが人気を集めているという。

どんなお耳かというと、それは「天使の羽」! ふわっふわのお耳がまるで翼を広げた天使のよう。「これ、造りものじゃないの?」と言いたくなるが、天然のモフっ子ウサギちゃんらしいのだ!

続きを全部読む

仕事中の手もピタリと止まる! モフモフキュートな赤ちゃんラッコGIFが世界中で人気沸騰中〜!!

テレビ番組『PBSNature』が放映した、捨てられた赤ちゃんラッコにフィーチャーした『Saving Otter 01』。海外サイト『The Huffington Post』によると、同放送の予告として公開したGIF画像が現在猛烈な勢いで世界に拡散中、大人気を博しているみたいなの。

なにしろ公開後、数時間に渡って番組サイトのメールサーバーがパンクしてしまうほどの大反響を巻き起こしたっていうんだから、もうちょっとした事件ですよ、コレは。

続きを全部読む

【閲覧注意】アマゾンに生息する毛虫がモフモフすぎると話題に / ネットの声「ネコバスみたい」「カツラにしか見えない」

みなさんは「毛虫」と聞くとどんな虫を想像するだろう? 恐らくほとんどの人がチクチクしそうな短い毛で覆われた体長5センチ以内の円筒形の生物を思い出すだろう。だが、世界には我々の想像を覆すとんでもない毛虫がいるのをご存知だろうか?

その毛虫は長い毛で覆われていてモッフモフ まるで毛の長いモルモットのようなのだが、動きは完全に毛虫。キモカワイイと話題になっている。

続きを全部読む

【お触り禁止】「おやめ下さい、ご主人さま!」 モフモフをかたくなに拒むニャンコが可愛いすぎると話題に!!

あんなところやこんなところを、モフモフしたい! 可愛いニャンコを見たら、きっと誰もがこう願うことだろう。だが、あるニャンコでその願望を叶えようとしたら、ことごとく拒否される。

動画「【お触り禁止】もふもふを拒否する猫 」に登場するそのニャンコは、頑(かたく)なにモフモフを禁止する。飼い主らしき人物が、そのニャンコに触れようとしたら、「おやめ下さい、ご主人さま!」と言わんばかりにモフモフを拒む。これはかなりガードの固いニャンコである。

続きを全部読む

モフモフにもほどがある! 毛が多すぎて前が見えない韓国産コート

寒さ対策は万全だろうか? 冬はこれから本番、まだ準備が足りていないという方は、急いで防寒着を用意されることを強くおすすめする。しかし、選択を誤るととんでもないことになってしまうので、急ぐとも慌てずに。

最近韓国のとあるコミュニティサイトで、コートを買った女性の失敗談が話題を呼んでいる。その女性は、モッズコートを購入したそうなのだが、襟元についたファーがおかしなことになっており、ファスナーを全部締めると前を見ることはおろか、顔を覗かせることさえできないのである。いくら何でもモフモフすぎると、韓国ネットユーザーの注目を集めることとなった。

続きを全部読む

【史上最大級】けしからんほどモフモフした羊

これはけしからん! モフモフにもほどがある! 世のモフモフ好きを虜にしてしまうような、史上最大級のモフモフ羊の画像が話題を呼んでいる。

この羊はニュージーランドの洞窟に長年隠れ住み、毛の刈り取りを免れていたために、全身毛むくじゃらになってしまったという。極度のモフモフ好きでなくても一度は抱きついてみたいレベル。しかしながら、その夢はこの先叶わない、その悲しい理由をお伝えしなければならない。

続きを全部読む

モフモフ走るの? 自動車を肥満にしてみた

人々の足であり、ライフスタイルの象徴とも呼べる自動車。その自動車が、もしも太っていたら? その疑問を形にしたアーティストがいる。オーストリアのアーヴィン・ウームは、自動車を肉付けしてブクブクに太らせてしまったのだ。モフモフ~ッとしながら走るのだろうか?

続きを全部読む