「モノクロ」にまつわる記事

手描き風の画像・動画加工アプリ「Olli」が素晴らしい! 誰でも簡単にイイ感じの加工ができる!!

世の中には数多くの画像や動画を加工するアプリが存在する。それらのなかで最近ネット上で話題になっているモノを紹介したい。そのアプリ「Olli」は、画像や動画を手描き風にアレンジできる有料アプリ(iOS:240円)だ。

実際に使用してみると、手描き加工がとても自然! しかも、明るさやコントラスト、筆圧まで細かく調節できるのもうれしい。さらには、動画まで手描き風にできてしまう。加工した動画をつなぎ合わせるだけで、簡単に本格的なアニメ風映像に仕上がってしまうのだ!

続きを全部読む

誰もがクラシカルなハリウッド女優になれる!? メイク&フォトスタジオ「オプシス」で『オードリーヘプバーン』風に変身してみた!

永遠の妖精といえば……そう、オードリー・ヘプバーンだ! 記者は彼女ほど奇麗で可愛らしく気品にあふれた女優をほかに知らない。つまり何が言いたいかというと、個人的に大好きだと言う話だ。特に『ローマの休日』。スクリーンに映し出される弾けんばかりのヘプバーンの笑顔、そして切ないラストシーン。

どこを切り取っても名作としか言いようがない。いつか彼女のようになりたいと願っていたところ……なんと、そんなヘプバーンをはじめ1950年代のクラシカルなハリウッド女優になりきれちゃうキャンペーンがあるらしい! これは聞き捨てならない。さっそく足を運び、怖れ多くも『ローマの休日』に出てくるヘプバーン風に変身してきたぞ。

続きを全部読む

ため息の出るような美しさ! なんとも感慨深い「最も初期のカラーフィルム」映像

デジタル、ハイビジョン、CG、3D……と、日々進化を続ける映像の世界ですが、その歴史は意外に浅く、まだ120年ほど。そんな映像の世界と足並みをそろえるように発展してきたのが映画ですよね。ここ数年、デジタルでの撮影が増える一方、フィルムによる撮影がどんどん減ってきていて映画産業はいま大きな転換期を迎えています。

背景には新技術の導入という積極的な理由以外にも、利便性やコストなどの現実的な問題があるようです。でも、独特の美しさや温かさもつフィルム映像が無くなってしまうのは、やっぱりさびしいと感じている方も多いのではないでしょうか。今回はそんなことを再認識させてくれる映像をご紹介いたします!

続きを全部読む

パラパラ漫画の進化系! あらゆるキャラが登場する鉛筆だけで描いたモノクロアニメがスゴイぞ!!

疾走感に溢れたモノクロのアニメーション。よく見ると、どこかで見たことのあるキャラクターがたくさんでてくるのがわかります。

これから紹介するのは、スピード感に満ちた手描きのパラパラアニメーション動画、『Pencilhead』。サンプリングとリミックスの達人であるロシアのクリエイター・Qwaqaさんが制作したこの動画は、なんと全編鉛筆のみで描いた絵をめくっているだけという、いたってシンプルなもの。しかし、とてもそうだとは思えない完成度に仕上がっているのです。

続きを全部読む