男性が絶滅危惧種の天然記念物「ミヤコタナゴ」を大量繁殖させることに成功 / ネットで激賞されるものの淡水魚マニアは「ちょっと待て!」

絶滅危惧種の天然記念物「ミヤコタナゴ」を譲り受けて大量繁殖させた東京都内在住の男性が、2014年1月14日に文化財保護法違反などの容疑で書類送検された事件をご存じだろうか。

男性は書類送検されたのだから、その行為は決して推奨されるものではない。しかし、Twitter などのネット上では、「絶滅危惧種の天然記念物を繁殖させたのはすごい」という意見も多く見られた。そのような一部ネット民の見方に対して、真っ向から異を唱える人がいるのだ。

続きを全部読む