「マミヤ狂四郎」にまつわる記事

【まんが】日本一まずいラーメン屋『彦龍』のオヤジに人生相談してみた

かつて日本には、自他ともに認める「日本一まずいラーメン屋」があった。その名も『彦龍』。伝説的ともいえる味の悪さは、あのビートたけしに「キムチをドブ川に入れたような味」と言わしめたほどである。だが、お店は惜しくも2010年の1月いっぱいで閉店した。

そんな彦龍の店主「原憲彦さん」に、ガチで人生相談させたらどうなるのか。一体何をアドバイスしてくれるのか。その答えは、今回掲載するマンガを読めば一目瞭然だ!!

続きを全部読む

【まんが】電子機器の端子に塗るだけでいろんな効果がある導通改質剤「ナノカーボン」とは何ぞや?

なんだかよくわからないが、電子機器というものは、よく調子が悪くなる。たとえばUSB機器。たとえばデジカメで使うメモリーカード。接触不良なのか相性なのか、よく原因はわからないが不安定な動作になることがある。故障か? と思ったりもする。

そんな時に頼りになるのが「導通改質剤」なるシロモノで、有名なのが『ナノカーボン』という商品だ。はたしてどんな商品なのか? その答えは、今回ご紹介するマンガを見ればよく分かる。

続きを全部読む

【まんが】ヤフオク出品時の質問欄に届く謎の英語メッセージに対応したらこうなる / これが国際的詐欺「ナイジェリアの手紙」の実態だ!!

日本最大のネットオークションサイト『ヤフオク!』にデジカメやパソコンなど、わりと高価な電化製品を出品したとき、よく質問欄に届くのが「謎の英語メッセージ」だ。ほとんどの人が無視していることだと思う。なにせ英語。さらに怪しいからだ。

だが、もしもそのメッセージに対応したらどうなるのかご存知だろうか? その答えは、今回ご紹介するマンガを見ればよく分かる。国際的詐欺「ナイジェリアの手紙」のことを知っている人も必読だ!!

続きを全部読む

【まんが】電波時計のスゴさが一発で分かる話

ふだん何気なく使っている日用品や電化製品も、冷静に仕組みや状況を考えてみると「スゲーッ!」となることが多い。たとえばテレビ。たとえば携帯電話。たとえば電子レンジに、たとえば……と、身の回りはスゴいことだらけ。もっとみんな感動したほうがいい。

ということで今回ご紹介したいのは、電波の力で時刻をピタッと合わせてしまう「電波時計」のスゴさが一発で分かるマンガである。

続きを全部読む

【まんが】絵がヘタな人は「堂々とトレースしろ」って話

漫画の世界では、よく「絵柄をパクった」的な問題が生じることがある。雑誌の写真や、他人の漫画に描かれていた人のポーズや背景の構図を、そのままトレース(書き写し)したのではないか? という疑惑である。

トレース疑惑から休載してしまった連載漫画や、裁判になったケースも過去には実際にあった。だが……そんなに重罪なのであろうか? トレースの何がいけないのか。その答えは、今回ご紹介するマンガに描いてある!

続きを全部読む

【まんが】学生必見! 算数・数学の「平均」問題がよく分かる話

この世の中は「平均」であふれている。英語で言うならアベレージ。様々な数値の間(あいだ)を計算したら、だいたいこのくらいになりますよ、というのが平均値。野球の「打率」も平均値。ヒットをよく打つ打者は「アベレージヒッター」という。

そんな「平均」について、近ごろの大学生の4人に1人は理解をしていない……との新聞報道が過去にあった。一体なぜ理解できないのか。どうすれば理解できるようになるのか。その答えは、今回ご紹介するマンガに描いてある!

続きを全部読む

【まんが】知られざる「黄金比」の陰謀

世の中には様々な陰謀(いんぼう)がある。私たちは知らず知らずのうちに、その陰謀に流され、やがてその陰謀は正義となり常識となる。ハッと気づいたときにはもう遅い。例えば、そう……黄金比(おうごんひ)のように!

今あなたはこの記事を何で見ているだろうか? おそらく、パソコンかスマホであろう。画面をよーく見て欲しい。画面のカタチをよ〜く観察してほしい。それを踏まえて、今回ご紹介するマンガを読んでいただきたいッ!!

続きを全部読む

【まんが】「宇宙ヤバイ! 人工衛星マジでスゲーッ!!」ってなる話

果てしなく広がる宇宙には、ロマンがいっぱい夢いっぱい、同時に謎もいっぱいだ。地球に住む私たち人類は、宇宙のことを知っているようで、まだまだ知らないことのほうが山ほどある。

そんな謎多き宇宙に送り出した “人類が作り出した星” こそが、いわゆる人工衛星である。あなたは人工衛星について、どれだけのことを知っているだろうか? 今回ご紹介するマンガを読めば、ちょっとは理解できることだろう。

続きを全部読む

【まんが】プロ漫画家が連載漫画の中で「絵が描けなくても漫画を作ることができるソフト」を使ったらこうなる

「漫画を描いてみたいけど絵がヘタなので諦めている」という人はいないだろうか。別に絵が下手でも漫画は描けるのだが、そもそも絵を描くのがメンドクサイという人も多いだろう。たとえプロの漫画家でも、「描くのがメンドクサイ」と思ったりもする。

そんな人にオススメなのが、漫画作成ソフト『コミPo!』である。ということで今回は、プロの漫画家が月刊誌の連載漫画の中で、実際に『コミPo!』を使っている実例マンガをご紹介したい。

続きを全部読む

【速報】みのもんた次男が逮捕! 盗んだカードで現金を引き出そうとした疑い / ネットの声「これはまずい」「朝ズバはどうする」 → みのさんは夏休み中

2013年9月11日、警視庁の発表によると、タレントの みのもんた さんの次男を窃盗未遂容疑で逮捕した。容疑は、盗んだ他人名義のキャッシュカードで現金を引き出そうとした疑いだ。

・みのもんた さん次男が窃盗未遂容疑で逮捕

逮捕されたのは、みのもんた さんの次男で日本テレビ社員の御法川(みのりかわ)雄斗容疑者(31)だ。2013年8月、警察が酒に酔って寝ていた40代の男性を保護したところ、カード入りのかばんが盗まれていることがわかったそうだ。

警察は、40代男性のそばから走り去った男を追跡し、特徴がよく似た御法川容疑者を発見し任意同行を求めたという。

続きを全部読む

00

【iPhoneアプリ】ファイルビューアと見せかけて「実はスーファミのエミュだったアプリ」がヤバイ

なにやらヤバ目の iPhone用アプリが、世界中の裏ゲームファンたちの間で密かな話題になっている。アプリの名前は「Remote File Manager」。アップルの審査も通っている、85円の有料アプリだ。いわばアップル公認のアプリである。

アプリの説明欄には、「Dropbox か FTPサーバーにアップされたファイルにアクセスすることができる。zipで圧縮されていてもOKだ」と書かれている。要はファイルビューアなのだが、その実態は……なんとスーパーファミコンのエミュレーターなのだ!!

続きを全部読む

人気漫画家がヤフー知恵袋の質問にブチ切れ! 本人を名乗る男「無関係ってわけではないんだぞ!! コノヤロー!! たいがいにせい!」

Q&Aサイト「Yahoo! 知恵袋」に投稿された質問について、とある漫画家が大激怒しているようだ。質問者は、小学館で行われた有名漫画家の落書き大会について、次のように疑問を投げかけている。この質問内容がとある漫画家の逆鱗に触れたようだ。

続きを全部読む

ウィキペディアに載っている漫画家「内容が間違っているから修正したいんだけど自分で修正したのがバレたら恥ずかしいからそのままにしている」

何かわからないことがあったとき、とても参考になるのがインターネット百科事典「ウィキペディア」(Wikipedia)だ。項目を作ったり、編集するのは一般ユーザー。そう、誰にでも編集できるのである。

だが、ウィキペディアの情報が全て正しいとは限らない。誰にでも編集できるということは、間違った情報に編集される恐れもあるのだ。たとえば……

続きを全部読む

【第1回】プロ漫画家がオススメする他人の漫画ベスト10

マンガを描いて金を得る、それがプロの漫画家だ。誇り高き彼ら漫画家に、「オススメの漫画を教えて下さい」と聞いたところで、おそらくほとんどの漫画家が「それは私の漫画である!」と自信を持って答えるであろう。いや、そうであってほしい。

だが、彼ら漫画家にも心からリスペクトしている他人の漫画作品はあるものだ。ということで今回から始まった連載『プロ漫画家がオススメする他人の漫画ベスト10』。記念すべき第1回目のプロ漫画家は……

続きを全部読む

少女雑誌『りぼん』の漫画大賞に輝いた小学生のレベルがハンパない! ネットの声「小学生でこの画力ww」

今も昔も愛される少女漫画雑誌『りぼん』。その大人気雑誌で、小学生を対象とした漫画コンクール「第9回小学生まんが大賞」が開催された。そして、ついに選考結果が発表されたのだが、受賞作品のレベルがハンパない!

「これを本当に小学生が描いたの?」と衝撃を受けるほど完成度は非常に高く、現在ネット上で大きな話題になっている。「第9回小学生まんが大賞」で審査員を務めた漫画家のカナヘイ先生も小学生たちの腕前に驚愕! 自身のTwitterアカウントで以下のようなツイートを投稿していた。

続きを全部読む

【豆知識】ペンタブ使ってる漫画家は締め切り間際にペンタブの調子が悪くなると死にたくなる

パソコンで絵を描く漫画家やイラストレーター、そしてお絵描き大好きっ子ならば必須のアイテム、それが通称ペンタブこと「ペンタブレット」だ。まるでペンで紙に描くように、パソコンでも絵が描ける。なかでも「ワコム」製のペンタブが王道であろう。

そんなペンタブを使っている漫画家さんが、「締め切り間際にペンタブの調子が悪くなると死ぬほどドキドキする」というウワサを耳にした。果たしてこれは本当なのか? さっそくプロの漫画家に話を聞いてみた!

続きを全部読む

どんな本でも買い取ってくれるタイの古本屋に日本の本を買い取ってもらった

世界中からバックパッカーが集う場所といえば、タイの首都バンコクです。「ソンクラーン」と呼ばれる水かけ祭りのシーズンには、普段にも増して旅人たちが集まります。

バンコクの安宿が立ち並ぶカオサン通り付近には本を買ってくれるお店が存在します。どんな本でも買い取ってくれるそうです。そこで今回、日本から持ってきた本を売ってみました。そのお値段は?

続きを全部読む

13.758961100.497185

現役プロ漫画家が高校時代の授業中に描いたハイスクールときめき漫画『美少女伝説ヒメコチャン』

誰にでも青春時代はある。代表的なのが高校時代で、突如として出現する “転校生” にはクラス一同が興味津々。誰もが「何かドラマが生まれそう……」と思い、甘酸っぱい恋愛マンガを読みすぎた男子生徒は恋の予感さえ期待する。

そんな高校時代の甘酸っぱさを見事に描ききったのが、今回ご紹介する読みきり漫画『美少女伝説ヒメコチャン』だ。

続きを全部読む

【新れんさい】現役プロ漫画家が中学時代に描いた超ハイスピード漫画『クリーミーガール隊』第1話:クリーミー4人衆

誰にでも「飽き」はある。そして「限界」もある。たとえプロの漫画家であろうとも、修行時代は「飽き」と「限界」の連続なのだ。ということで今回ご紹介したいのが、新連載まんが『クリーミーガール隊』である。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 22
  4. 23
  5. 24
  6. 25
  7. 26
  8. 27
  9. 28
  10. 29