ロック・パンクシーンに多大な影響を与えたミュージシャン、ルー・リードが亡くなっていたことが判明した。彼は「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」のギター・ボーカルとして活躍し、当時の音楽やポップカルチャーに強烈なインパクトをもたらした。

海外の音楽情報サイトが伝えるところでは、2013年10月27日に亡くなったとされているが、詳しい死因は不明。5月に受けた肝移植手術の影響ではないかと見られている。享年71歳。

続きを全部読む