「ポップカルチャー」にまつわる記事

【日本語字幕あり】ジブリ作品に感銘を受けたパキスタン人青年が母国にアニメスタジオを設立! 処女作の製作過程に感動しちゃうぞ

日本が世界に影響を与えたポップカルチャーは数あれど、「アニメや漫画を超える存在はない」と言えるのではないかと思う。なかでも、高い芸術性で絶大な人気を誇っているのがジブリ作品である。

そんなジブリの作品に感動したパキスタン人の青年が、同国初の手描きによるアニメスタジオを設立! その処女作となるイントロ部分と、製作にこぎつけるまでの過程を紹介した動画を見たら、制作者の熱意に感動してしまうに違いない!

続きを全部読む

参考になるかも!?  たった3分で「過去100年にわたるハロウィン・コスチュームの変遷」がわかる動画

日本でも、徐々に盛り上がっている海外のイベント「ハロウィン」は、なんといっても、趣向を凝らしたコスチュームに身を包むのが最大の楽しみである。

日本で一般的に浸透してきたのは最近のことだが、海外では古代ケルト人が秋の収穫を祝って、悪霊を追い出すために始めた祭りが起源となっており、その歴史は古い。そんな、昔から行われているハロウィン・コスチュームの変遷100年が、3分で分かる動画を紹介することにしよう。どんな仮装をしようか迷っている人は参考になるかも!?

続きを全部読む

【なぜこうなった】 ロサンゼルス交通のマナーCMがカオス! 日本風の魔法少女ものに / 米国人向けなのになぜか日本語

最近、今まで “お堅い” というイメージの企業や自治体が、衝撃インパクトの動画やポスターを発表するケースが増えている。最近だけでも、茨城県の「筋肉温泉」、高知県の「爺-POP」、富山県の「だいてやるのポスター」などなどだ。

さてこの度、またまた衝撃的な啓発動画が公開されたのでお伝えしたい。見てみると、怪人あり、魔法少女あり、アイドルシーンありのクールジャパンなカオス状態! まったく、今度はどこの自治体だよ……と思ったら、米ロサンゼルスの交通局だった。

続きを全部読む

左脚を切断して義足をはめたポップアーティストのミュージックビデオが美しい!! 義足を前面に見せた勇気に感化させられること間違いナシ!

五体満足に生まれてきた人は、普通に手脚が使えることを当たり前のように思ってしまいがちだ。一方で四肢の一部が不自由でいながらも、その障害をチャレンジとしてポジティブな物に変え、健常者以上に活躍してしまう人もいる。

そんな、あるアーティストを紹介したい。左脚を切断した美人ポップアーティストが、義足を前面に見せたミュージックビデオを制作して話題になっている。「今まで音楽業界は、四肢障害者に扉を閉ざしてきた」と語る彼女のビデオを見れば、感化されてしまうに違いない!

続きを全部読む