「ホームレス」にまつわる記事

「数々の試練や貧困を乗り越えた元ホームレスの青年」が根性で大学に入学するまでのストーリーに感動の嵐!

現在日本で就職も就学も求職もしていない “ニート” は、15~34歳層で何と60万人にもおよぶという。そんな日本社会が、思わず喝を入れられるニュースをお伝えしたい。

いま、「数々の試練や貧困を乗り越えた元ホームレスの青年が、根性で大学に入学するまでのストーリー」が大きな感動を呼んでいるのだ。もし、あなたが「自分はちょっと甘ったれた気分に浸っているかも」と思っているのなら、ぜひ一読してほしい。

続きを全部読む

エイプリルフールって素晴らしい! コメディアンがホームレスに最高のドッキリを仕掛けて「心が温まる!」と話題

1年に1度だけ堂々とウソをつける日 “エイプリルフール” で、誰かを騙した人はいるだろうか。ウソといっても色んな種類があるが、人が喜ぶなら大歓迎だろうと、あるコメディアンがホームレスに最高のドッキリを仕掛けて話題になっているのだ。見ればハッピーな気持ちになれるこのサプライズは、動画「Feeding the Homeless – Prank It FWD 」で確認できる。

続きを全部読む

99歳のおじいちゃんが物乞いで集めた240万円を寄付し「これこそ無欲!」と感動の嵐

現代社会で無欲に生きることはなかなか難しいが、そんな我々の心にガツンと喝を入れる感動のストーリーが舞い込んできた。ある99歳のおじいちゃんが、物乞いで集めた大金を全部寄付し「何ていい話なんだ!すごく考えさせられる」と感動の声が寄せられているのである。

続きを全部読む

【衝撃写真】ホームレスの写真展が開催される / まるでファッション誌のモデルだ!

オシャレな服装に気取らない笑顔やポージングを決めている男女。『ユニクロ』や『H&M』のファッションブランドの広告といってもなんの疑いもないであろう。しかしこの男女はモデルや役者ではない。

続きを全部読む

【マジかよ速報】ホームレス男性がアプリ開発に成功したぞ! しかも便利すぎて大ヒット

いつも同じ場所でフラフラしていたホームレスの男性レオさん(37)。プログラマーのパトリックさん(26歳)は、通勤中にいつもレオさんを見かけていた。そして、何を思ったのか、パトリックさんはレオさんに驚くべき提案をした。

・どちらの道を選択したのか?

それは「100ドルの現金をその場で受け取る」か「2カ月間 自分(パトリックさん)にソフトウェア開発のプログラミングを教えてもらう」の二択であった。レオさんはどちらの道を選択したのか?

続きを全部読む

【社会実験】人は見た目で助ける相手を判断している? ビジネスマンとホームレスが転んだときの周りの反応

もしも松葉杖をついて歩いている人が、あなたの目の前で転倒したら、あなたはどうするだろうか? すぐに駆け寄って手を貸すのか、それとも何もせずに通り過ぎてしまうのか。

・ビジネスマンとホームレス

とある YouTube チャンネルが興味深い社会実験を行っている。彼らが実施したのは、松葉杖をついて歩くビジネスマンとホームレス、それぞれが転んだときに、人がどう反応するかを観察した。すると、ホームレスに手を貸す人はほとんどいなかったという結果に。やはり見た目は大切ということなのだろうか。

続きを全部読む

悪名高きドッキリ番組の仕掛け人がホームレスの男性を「紳士に大変身」させた動画が感動的だと話題

YouTube で大人気のドッキリ番組といえば、アメリカの『VitalyzedTv』だ。普段は、くだらないイタズラを他人に仕掛けているのだが、いつもとはひと味違う感動的な “ドッキリ” が話題となっている。その様子は、動画「Extreme Homeless Man Makeover」で確認できるぞ!

続きを全部読む

【再生回数100万回超え】一瞬で笑顔になれるホームレス男性の「一発芸」がスゴいと話題

米国に住むある1人のホームレス男性の「一発芸」がすばらしいと世界中で注目されている。身体の一部を使ったその芸を彼が披露する様子を映した動画がYoutubeに投稿されるや一気に話題になり、今や閲覧回数は100万回を突破している。

動画のタイトルは「Homeless Man With A Funny Talent」。その思いがけない一発芸はシンプルながらも、なんともクリエイティブ! 観る物を一発で笑顔にする素晴らしい芸だ。

続きを全部読む

この世の中もまだまだ捨てたもんじゃない / ホームレスの善良な行いに感動の声

「この世の中もまだまだ捨てたもんじゃない」そう思えるような素敵な出来事がアメリカで起き、いま人々の心を和ませている。と同時に、「人を見た目で判断して、決めつけたり疑ったりしてはいけない」ということを再認識させられた海外ユーザーたちが続出しているようだ。

続きを全部読む

路上生活を送るホームレスに対してあるまじき行為を行った高校生3人が、ネットユーザーの怒りを買って大炎上する騒ぎを起こした。その行為とは、寝ているホームレスに対して、糞尿を浴びせかけるというもの。その一部始終を動画で撮影し、ネット上に公開したのである。そうしたところ、映像を見たネットユーザーが激怒。これにおびえた3人は警察に出頭し謝罪する事態となった。

続きを全部読む

ホームレスの過酷な生活状況が語られる『ホームレスバー』に行ってみた

厚生労働省が平成23年1月に調査したところによると、全国のホームレスの数は男女合わせて10,890人と言われている。この数は、市区町村が巡回し、目視調査を行った数なのだが、実際はこれよりもはるかに多くの人が住居を持たずに暮らしいるだろう。

彼らは一体どのような経緯で家を離れ(失い)、そして日々どのように生活しているのだろうか? 最近下北沢で、ホームレスの方と接する機会を提供する『ホームレスバー』という試みが行われた。

この日ウェイターとして参加したタナカさん(仮名:49歳)は、8年前からホームレス生活を送っている。彼の口から語られた、驚くべきホームレス生活の実情をお伝えしたい。

続きを全部読む

ホームレスに「Wi-Fiホットスポット」として貢献してもらうアイディアに物議 / 専門家「人間性を奪っている」

アメリカのマーケティング会社が、ホームレスが安定的にお金を得るために、斬新なアイディアで彼らに活躍の場を提供しました。そのアイディアとは、ホームレスがWi-Fiの無線ルーターを持ち歩き、ホットスポット(公衆無線LANサービスを受けられる場所)として活躍してもらうというものです。

しかしこのアイディアが物議を醸しています。一部の専門家からは「恩着せがましく、人間性を奪っている」として猛烈な批判を受けているのです。

続きを全部読む

【あれから1年】YouTube動画で人生が一変した「黄金の声」元ホームレス、テッド・ウィリアムズ氏のその後

今やSNSなどのネットサービスが社会や個人の人生に大きな影響を与える時代だ。YouTubeの投稿動画がきっかけで一躍注目を浴び、有名になった人は数知れない。元ホームレスのテッド・ウィリアムズさんも、ネットの力によって、一夜にして人生が変わった人の一人だ。

昨年1月、道路でダンボール看板を持ちながら話すウィリアムズさんの動画がYouTubeに投稿されるやいなや、そのディープでメロウな美声が注目され、爆発的な視聴数を記録。一躍有名人となった。日本でも話題になったので、当時のことを覚えている方も多いだろう。あれからの1年間がどのようなものだったのか、追ってみた。
 
続きを全部読む

中国の「電子ホームレス」とは

路上で悲惨な状況をうったえ、道行く人に金銭の援助を求めるホームレス。中国では都市部・農村部に関わら、ずよく見られる光景である。そんななか、電子化の波に乗ってついにホームレスも電子化したそうだ。

具体的な方法としては、オークションサイト等で自分の悲惨な身の上話を語り、インターネットユーザーに金銭的援助をしてもらうというもの。日本でも見受けられる募金活動のようにも見えるが、「電子ホームレス」は企業でも団体でもなく完全に個人のポケットに入る仕組みだ。路上での活動がそのままインターネットに移動したというわけだ。

続きを全部読む

こんなのズルイ! ホームレスにお金の乞い方を教わったワンコ

米フロリダ州のとあるレストランに現れた一匹の犬。一見普通の犬だが、実はこの犬、お金の乞い方を知っているスーパー犬だったのだ。

そのお金の乞い方とはいうと、バケツを口にくわえ、お客さんのいるテーブルをひとつひとつ丁寧に回っていくというもの。うっかりお客さんが、バケツにお金を入れ損ねてもそこは大丈夫。スーパー犬がきちんと口でお金を拾い、自分でバケツにお金を入れてくれるのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3