【今夜は星を観よう】8月12日深夜から13日未明にかけて「ペルセウス流星群」が観測できるぞ~ッ!!

国立天文台によると2014年8月12日深夜、「ペルセウス流星群」の観測ピークを迎えるそうだ。この流星群は、毎年多くの流星を観測できることで知られている。本来は13日午前9時頃にもっとも出現するとのことだが、12日深夜から翌日未明にかけて観測できるそうである。

街灯りのない戸外で観るのがもっとも良いようだが、生中継も行われるようなので、自宅にいながらにして楽しむことも可能である。

続きを全部読む