『ブレイキング・バッド』メキシコのメス・ラボを仕切る “ベネチオ” の素顔に迫る!! 父親が有名シェフで超グルメ ! 演技を始めたのは30歳を過ぎてから

『ブレイキング・バッド』出演者の素顔に迫るシリーズが始まってから、なんと今回で40回目を迎えることとなった。もともとは “海外ドラマ界の四天王” ともいえる 『プリズン・ブレイク』と『24 TWENTY FOUR』、『LOST』と『ブレイキング・バッド』の、どれか2つ以上の作品に出演している俳優にスポットライトを当てる企画だった。

それが、いつの間にか本来の主旨からそれてしまったわけだが、この度取り上げた、メキシコのメス・ラボを仕切る “ベネチオ” を演じたカルロ・ロタは、『24 TWENTY FOUR』(以下『24』)に出演している。なので、やっと “海外ドラマ界の四天王” シリーズに舞い戻ってこれることになった。

続きを全部読む