「ヘロイン」にまつわる記事

【すでに死者50人】ネットで密かに売られている「ヘロインの7倍も強力な合成ドラッグ」に注意喚起 / 名前は「ピンク」「ピンキー」「U-47700」など

日本では、元女優の高樹沙耶容疑者が大麻所持で逮捕されたとのニュースが大きく取り上げられていた。一方で海外では、「ヘロインより700パーセントも強力な合成ドラッグ」がネットで売買されていると注意喚起され、大きな話題となっている。

すでに多数の死者を出しているとのことで、これを読んだら「むやみに違法薬物に手を出してはいけない」ということが、よ~く分かるのではないだろうか。

続きを全部読む

【再生回数300万越え】ヘロインの恐さがよ~く分かる動画がヤバイ / 白昼堂々と道にブッ倒れている依存者の姿

「違法薬物をやってはいけない」とか「ドラッグは人生をダメにする」と、いくら言葉で注意されても “何がどうダメなのか” 分からないことがある。

だが、‟百聞は一見に如かず” のごとく、ヘロインの恐さがよ~く分かる動画が再生回数300万越えとなり、ネットで大きな注目を集めている。とにかく、白昼堂々と道にブッ倒れている依存者の姿がヤバすぎるのだが、これを見たら、薬物に手を出そうなどとは決して思わないに違いない!

続きを全部読む

5歳児が弁当箱に大量のヘロインを入れて幼稚園に持ち込み! 「子供は親を選べない」という言葉をシミジミと感じちゃった件

世の中のママ達のなかには、子供に喜んでもらいたい一心で、朝早くからキャラ弁の制作に勤しんでいる人もいるだろう。そんな、ママの愛情がタップリこもったお弁当を持参できるキッズ達は、本当に幸せ者である。

だが、そんなラッキーな子供ばかりでもないのが、現実の厳しいところだ。というのも、ある5歳児が弁当箱に大量のヘロインを入れて幼稚園に持ち込んだニュースが話題となり、世間の保護者達を驚愕させているのである!!

続きを全部読む

826日間ヘロインを断ったらこうなる!ある美女の『ビフォー・アフター写真』に勇気づけられる人続出 / 女性「誰だって生き延びられる」

ドラッグがいかに「ダメ、絶対」な存在であるかは、みなさんもご存じの通り。当サイトでも「メタンフェタミンが引き起こす恐怖の副作用」など、その恐ろしさを何度もお伝えしてきた。

なかでもとくに恐ろしいのが、「覚せい剤ビフォー・アフター顔写真」だろう。薬物中毒になる前と後の写真を比較した記事なのだが、人々の悲惨なアフターを目にして、「覚せい剤は絶対にダメ」と肝に命じた人も多いはずだ。

だが今、ネット上ではそれとは逆の「ビフォー・アフター写真」が人々を勇気づけている。なんとある女性が、薬物中毒だった頃の「ビフォー」と、2年間以上薬物を断った「アフター」の写真を公開したのだが、その変わりっぷりがスゴいというのだ。

続きを全部読む

【実践】社内の薬物汚染が心配だったので、抜き打ちで「薬物検査(コカイン・ヘロインマリファナなど)」を実施してみた!

芸能界の薬物汚染が叫ばれて久しい。つい最近も、高島礼子さんの夫である高知東生容疑者が逮捕されたばかりだ。もしかしたら、薬物は遠い世界の話ではなく、すぐ身近にその危険が潜んでいるのかもしれない。

とても心配になった私(佐藤)は、編集部で抜き打ち薬物検査を実施することにした。検査の公平性を期すために、私自身も検査に参加。検査のために使用したキットでは、アンフェタミン・メタンフェタミン・コカイン・ヘロイン・マリファナの5種を確かめることができるという。果たしてその結果は……。

続きを全部読む

アメリカに「ヘロイン使用の許可を進めようとする町」が登場! その理由について考えさせられてしまう件

米国では、コロラド州をはじめとする4州で嗜好用大麻が解禁され、医療用大麻に至っては、51州のうち24州で合法となっている。

対して、ヘロインやメタンフェタミンなどの覚醒剤取り締まりは厳しいが、ある町で「ヘロインの使用を許可することで、状況を改善させていこう」との動きが強まっているというのだ。その理由が的を得ている点もあるだけに、考えさせられてしまうのである。

続きを全部読む

【閲覧注意】“薬物中毒のお母さん” から生まれた赤ちゃんの足がブルブル震えて止まらない…… 「薬物の怖さ」を人々に突きつける映像

「覚せい剤やめますか、それとも人間やめますか?」「ダメ、絶対!」と言われているのが、覚せい剤や麻薬などの薬物乱用。手を染めてしまえば抜け出すことは困難で、人間を外側からも内側からも破壊していく。

そして今回の動画を見れば、多くの人が「薬物乱用は、本当にダメなんだ!」と痛感することになるだろう。それは、薬物中毒のお母さんから生まれてきた赤ちゃんの動画。なんとその小さな足が禁断症状のせいでブルブルと震えているのだ……。

続きを全部読む

罪のない動物を利用した密輸事件 「ヘロイン入りのバナナを食べさせられたゾウ」「コカインが入った袋を飲み込まされた犬」など

先日、“700万円相当のコカインを飲み込んで密輸しようとした男” が、機内で意識不明になり緊急着陸したニュースをお伝えした。“そこまでするか!?” と呆れつつも、プロの運び屋の根性を見せつけた犯人が危険にさらしたのは、自らの命だけである。

しかし過去には、罪のない動物を利用した痛ましい密輸事件が起きている。なんと「ヘロイン入りのバナナを食べさせられたゾウが運び屋として利用された」という、とんでもないニュースが報じられていたのだ。

続きを全部読む

人喰いバクテリアならぬ「人喰いドラッグ」が出現!? 摂取したら皮膚が腐りゾンビ状態に

覚せい剤や各種ドラッグの恐ろしさはメディアで常に報道され、日本でも脱法ハーブが大きな問題となっている。しかし世の中にはもっと恐ろしいドラッグが登場し人々の命を脅かしているという。摂取すれば皮膚が壊疽を起こしゾンビ状態になってしまう新種ドラッグが出現し、大きな問題となっているのだ。

続きを全部読む

アルコールはヘロインやコカインや大麻やタバコよりも有害であるという研究結果が、海外医学誌「Lancet」で発表された。

David Nutt教授をはじめとする研究チームは、数十種類の薬物を、死亡率、依存度、精神への影響、社会的影響、家庭的影響、経済的コスト、国際的存在……などのカテゴリに分けて、それぞれ数値化。さらに個人的に害のある薬物、社会的に害のある薬物としてまとめ、総合的にアルコールが最も有害であると結論づけた。

続きを全部読む