「ヘルシンキ」にまつわる記事

北欧フィンランドの空港が「まともな人は来ない」との歓迎フレーズを掲げる / 皮肉タップリだけど粋なメッセージが話題

どうせ休暇を取るなら、春や秋など、気候が穏やかな時期に旅行に出かけたいものである。だが、なかには仕事の都合で、どうしても年末年始にしか休みが取れないという人もいるだろう。

そして、そんな冬場に旅行する観光客に対して、北欧フィンランドの首都ヘルシンキが歓迎の言葉を掲げ、そのフレーズが皮肉っぽくてイイ感じだとネットで話題になっているので、紹介したいと思う。

続きを全部読む

【豆知識】フィンランドには「エロマンガ」というお店がある / ヘルシンキっ子に絶大な支持を得ているらしい

フィンランドと言えば、何を思い浮かべるだろうか? 世界的に人気の『ムーミン』やファッションブランド「マリメッコ」。もしくはガラス製品をメーカー「イッタラ」を挙げる人もいるかもしれない。だが、それだけではない。

もし首都のヘルシンキに行くことがあれば、覚えておいて欲しいお店がある。それが「エロマンガ」。エロマンガはヘルシンキっ子の愛するお店のひとつであり、老若男女を問わず、みんなエロマンガが大好きといっても過言ではないだろう。

続きを全部読む

【特集】サンタクロースに「クリスマス中止」をお願いしに行ってみた / サンタの言葉に感動して号泣

イエス・キリストの誕生を祝う日であるはずのクリスマス。しかし日本では、堕落しきった恋人たちによる肉欲の日になってしまっている。「クリスマスといえばイエスキリスト」ではなく「クリスマスといえば恋人とラブラブ」という流れになっているのだ。

・こんなの絶対おかしいよ!

なんとも嘆かわしい事実。クリスマスの時期は、恋人がいない日本人にとってつらい時期となる。町中がクリスマスムードとなり、恋人たちがイチャイチャしているからだ。そんな日本のクリスマスに「こんなの絶対おかしいよ!」とブチギレした当編集部の佐藤記者。

・「クリスマス中止」をお願いしてみた

激しくモテない佐藤記者は、サンタクロースに「クリスマス中止の要請」をすると決意。サンタクロースは、フィンランドの北極圏サンタクロース村に住んでおり、実際に会って直訴するというのだ。佐藤記者は無事にサンタクロースに会い、「クリスマス中止」を要請することはできるのか? 衝撃の結末に、佐藤記者が涙する。

続きを全部読む

わざと財布を落として「どの国の人が一番誠実か」調べた研究結果が話題に

誰でも一度や二度、財布や携帯電話などを置き忘れたり失くしてしまったことがあるだろう。その時、ちゃんと手元に戻ってきた人はどれ程いるだろうか? 世界16カ国で、故意に財布を落として「どの国の人が一番正直に届け出るか」という実験が行われ、興味深い結果が話題となっている。

続きを全部読む