「プロジェクト」にまつわる記事

【真似厳禁】サイゼリヤで1人1万円食べる方法を発見 → 試したら2時間超えの死闘になった

大勝利──。自分で言うのもなんだが2018年11月某日、私P.K.サンジュンは奇跡を起こした。そう、あの日本最強クラスのコスパを誇る『サイゼリヤ』で1万円分の料理を食べきったのだ。自画自賛するようで恥ずかしいが、冷静に考えてこれは快挙ではなかろうか?

当然ながら楽な戦いではなかった。むしろ死闘でさえあった。だが私は勝ったのだ、確かにサイゼリヤで1万円使いきったのだ。打倒サイゼリヤの奥義は名付けて『プロジェクトM』──。男とサイゼリヤのガチバトルのもようは、以下でご確認いただきたい。

続きを全部読む

3トンのゴミを再利用して造り上げた「プラスチックの森」がスゴいぞ! 拡大しつつあるアートプロジェクトが画期的!

最近は日本でも、地域ごとに缶やペットボトルの仕分けに関する規則が決められ、積極的にリサイクルが進められている。とはいえ、簡単には解決しないゴミ問題……。

そんななか、「廃棄物を再利用してアートにしてしまおう!」と、3トンのゴミをリサイクルして造り上げたプラスチックの森がメキシコに誕生して話題だ。子供たちの参加により拡大しつつあるアートプロジェクトが、「他の都市も真似するべきでは」と思うほど画期的なので紹介したい。

続きを全部読む

鬱などの精神疾患と闘う人達の間で「;(セミコロン)のタトゥーを入れる人」が急増中! タトゥーに込められたメッセージとは!?

働く日本人の10人に1人が、鬱(うつ)病を患っていると言われる現代。自分は大丈夫と思っていても、いつ病に襲われるかは分からない。そんな、他人事とは言えなくなってしまった鬱や自傷行為といった、精神疾患を患う人たちの間で「;(セミコロン)」のタトゥーを入れる人が急増しているというのだ。

「なぜセミコロンなのか!?」と思う人は多いかと思うが、タトゥーに込められたメッセージやプロジェクトの主旨を知ったら、きっと賛同したくなるのではないだろうか。

続きを全部読む

性的暴行を受けた女子大生が「現場となったマットレスを常に持ち歩き」大きなニュースに / 犯人が罰を受けるまで止めない!と主張

満員電車や夜道の一人歩きで、ふと不安になる女性の気持ちは男性には分からないものだろう。いつ痴漢や性的暴行の犠牲になるかも分からない女性達は、常に危険にさらされているといっても過言ではない。

そんな犠牲者の一人になってしまった米女子大生の抗議運動が、注目の的となっているので紹介したい。性的暴行の現場となったマットレスをキャンパス内で常に持ち歩き、「犯人が罰を受けるまで止めない!」と主張する彼女のニュースが、大きく取り上げられているのである。

続きを全部読む

提供:富士ゼロックス

【マジかよ】ドラえもんのひみつ道具『望遠メガフォン』がリアルに再現された!? 試しに一日中『望遠メガフォン』だけで会話してみた

以前、『四次元ポケットPROJECT』がドラえもんのひみつ道具のひとつ、「セルフ将棋」をリアルに作っちゃったという話題をお伝えした。まさか、まさかのドラえもんのひみつ道具づくりへの挑戦……このプロジェクト、タダモノじゃない!

そして、さらに驚くべきことに、なんとまさか、まさかの第2弾が登場。まるで夢のようだが、ドラえもんのひみつ道具『望遠メガフォン』を現実のものにしてしまったというのだ。

ロケットニュース24編集部では、この『望遠メガフォン』を借りることに成功。またとないチャンスを徹底的に楽しむべく、一日中『望遠メガフォン』だけを使って会話してみることにしたぞ!

続きを全部読む

都市の性質が一目瞭然! Instagramに投稿された画像をデータ化し視覚化するプロジェクト『Phototrails』がスンゴイ

みなさんは、『Phototrails(フォトトレイルズ)』をご存知でしょうか。

もしご存知ないのなら、ぜひこの機会に知っていただきたい! アナタがInstagramユーザーならばなおのこと、ね。

『Phototrails』は、写真共有サイトInstagramに投稿された画像をデータ化し視覚化する、カリフォルニア工科大学とニューヨーク市立大学らによる共同プロジェクト。

続きを全部読む