「ブレイク」にまつわる記事

【注目】2019年の大ブレイク芸人は「EXIT(イグジット)」が有力な理由

昨年、2018年はややおかしかった。何がおかしかったかと言うと、日本中を巻き込むほどの大ブレイク芸人が出現しなかったことである。確かに「ひょっこりはん」はブレイクしたのだろうが、それ以前の「ブルゾンちえみ」や「みやぞん」と比べると、やや印象は薄い。

それでも2018年が不調だっただけで、今年も大ブレイクする芸人が出現する可能性は高いハズ。記者はお笑い通でもなんでもないが、今年は吉本クリエイティブ・エージェンシー所属の「EXIT(イグジット)」がブレイク最有力な気がする。それには大きく3つの理由があるのだ。

続きを全部読む

【ゆるキャラ】ふなっしーの再来か? 高知県須崎市観光大使「ちぃたん☆」にブレイクの兆しアリ

今から数年前、ふなっしーやくまモンに代表されるゆるキャラたちが日本中に一大旋風を巻き起こした。その後も ねば~るくんやにゃんごスターがブレイクを果たしているから、ある意味でゆるキャラ文化は完全に定着したと言ってもいいのかもしれない。

そんなゆるキャラ界において現在ジワジワと人気を伸ばしているのが、高知県須崎市の観光大使でコツメカワウソの『ちぃたん☆』だ。YouTubeとTwitterをメインに活動するちぃたん☆からは、ネクストブレイクの気配がぷんぷんと漂っている。

続きを全部読む

【絶対に笑う】お笑い芸人・ウエスPの「危険なテーブルクロス引き」がマジ危険

江頭2:50、とにかく明るい安村、そしてアキラ100%などの裸芸人たち。これだけコンプライアンスが厳しい世の中でも、いわゆる “裸芸人枠” は必ず存在し、我々を思い切り楽しませてくれている。そう、なんだかんだ言いながらみんな裸が好きだし、裸芸は面白いのだ。

そんな裸芸人枠に、2017年注目のニューフェイスが現れた。その名は「ウエスP(ウエスピー)」……吉本クリエイティブエージェンシーに所属する、正統派の裸芸人である。

続きを全部読む

【リオ五輪】猫ひろしがゴール直後の人気ぶりを公開 / ネット声 「まさかの大ブレイク!」 「世界のスターですにゃー!」

様々な感動が生まれたリオ五輪が閉幕した。日本は金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル21個という史上最多41個のメダルを獲得し、2020年の東京大会へ弾みをつけたと言ってもいいだろう。

そんな中、今大会の男子マラソンに初出場したカンボジア代表・猫ひろし選手が、ゴール直後の様子を自身のTwitter(ツイッター)に投稿。なんと客席から「カンボジアコール」が巻き起こり、サインまで求められる人気ぶりを伝えている。

続きを全部読む

【まとめ】話題の「大人のお子様ランチ」が食べられる東京・京都・北海道のお店

2016年、グルメ業界で大ブレイクの兆しを見せているのが『大人のお子様ランチ』である。味はもちろんのことワクワク感が最高のハッピーグルメだが、『大人のお子様ランチ』を提供するお店は、まだ数えるほどしかないのが現状だ。

そこで今回は、「もっと大人のお子様ランチが食べられるお店が増えてほしい!」という願いを込めて、これまでご紹介したお店をズラリとまとめてみたのでご覧いただきたい。これを見たら、きっとあなたも大人のお子様ランチが食べたくなってしまうことだろう。

続きを全部読む

【ブレイク必至】お笑いコンビ「米粒写経」居島一平さんの『猪木落語』がハンパなく面白い!!

江戸時代から現代まで伝承されている伝統的な話芸、落語。洗練された落語はまさに芸術レベルで「大人の趣味」と言えるかもしれない。その反面、落語は「ちょっと敷居が高い」という人も多いハズ。そんな人にもぜひ聞いてほしい落語があるのでご紹介したい。

それはお笑いコンビ「米粒写経」の居島一平(おりしま いっぺい)さんによる……猪木落語! 猪木とはもちろん“燃える闘魂” アントニオ猪木である!! まだメディアにはほとんど出ていない『猪木落語』だが、コレがハンパない面白さ! 2015年下半期、大ブレイクの可能性あるで、コレ!!

続きを全部読む

【ブレイク必至】自ら「エンジェル」と名乗る男がイケメンすぎると世界的に話題

かつて『天使なんかじゃない』という少女漫画があったが、自ら「エンジェル(天使)」と名乗る男がジワリジワリと世界的注目を集め始めている。このまま行けば世界的スターになることは確実。先手必勝、今のうちに覚えておこう。

男の名前は「アハメド・エンジェル(Ahmed Angel)」。おそらくベラルーシ在住のイラク人。自称ながら、まさしく天使。その名に恥じぬ天使級のイケメンさに、全世界のエンジェルファンたちを次々と悩殺している状態だ!

続きを全部読む