「ブルース」にまつわる記事

【知ってる?】地元でも入手困難な沖縄銘菓『幻の味ブルース』とは / デパ地下で出会った “マダム” が激推しするので買ってみた結果…

情報があふれるこの社会。調べれば大体のことがわかるし、知っている……ような気になっている。しかし、見落としていることも多いのだろう。そう感じることが、つい先日あったのだ。それは、あるデパ地下でのできごと。何気なくフラついていただけの記者に、あるマダムが声をかけて来たのである。

「このお菓子は、なかなか手に入らない貴重なものだから食べるなら今だぞ」と。そんなマダムこと、販売員が激しくオススメしてくれた商品名は “幻の味ブルース” 。仰せのままに購入し、食べてみたところ大人しい見た目に反して中身はスゴかったので、この場を借りて報告したい。

続きを全部読む

【訃報】伝説のブルースギターリスト ジョニー・ウィンター死去 / 享年70歳

近年、世界の音楽シーンをけん引してきた有名実力派ミュージシャンの訃報が相次いでいる。そんななかまた1人、伝説と崇められた人物がこの世を去った。

ブルースギターで世界を魅了した、ギターリストのジョニー・ウィンターが亡くなっていたことが明らかになったのだ。彼は3大ギタリストの1人、エリック・クラプトンにも多大なる影響を与えたと言われている。ブルースに人生を捧げた偉大なるミュージシャンの死に、世界中の音楽関係者は衝撃を受けているようである。

続きを全部読む

ピアノとのセッションでリードをとる! ブルースを演奏するオカメインコがスゴイ!!

オカメインコは、時として歌や人の口笛を真似する事がある。繊細な生き物であるこの鳥類は、人間の関心を引くために歌を覚えるとも言われているが、そんな器用なインコの中から、今回は渋い芸を覚えたインコを紹介したい。

そのオカメインコは、なんとブルースを演奏するのだ。しかも、ピアノとのセッションでソロを披露するのである。YouTube の動画、その名も「Blues singing bird」で一部始終を確認できるぞ。

続きを全部読む

バンドマン必見! たった1本しか弦の張っていないボロボロギターを演奏するおっさんがめちゃめちゃカッコいい!!

ミュージシャン・バンドマンにとって楽器はとても重要だ。音楽の生命線であり、肉体の一部といっても大げさではないだろう。だが、その一方で矛盾しているように思うかもしれないが、楽器がすべてという訳ではない。良い楽器を使えば、良い音楽をできるわけではないからだ。

そのことを証明するような人物が、ジャマイカにいる。彼の名はブラッシー(Brushy)。彼のボロボロのギターには弦がたったの1本しか張られていない。だが、その表現力は凄まじく、心揺さぶられるものがある。彼の曲を聞けば、音楽の本来の姿を垣間見ることができる。

続きを全部読む