「ブリーチ」にまつわる記事

『BLEACH』久保帯人先生の新作はラブコメ!『BURN THE WITCH』に海外からも歓喜の声「おかえり(泣)」「女の子可愛い」

2018年7月20日に実写映画の公開も控える『BLEACH』。週刊少年ジャンプの2000年代黄金期を支えるほどの人気を誇った本作が大団円を迎えたのは2016年である。あれから2年……久保帯人先生が帰ってきた

新作の名前は『BURN THE WITCH』。少年ジャンプ編集部のTwitterによると、2018年7月14日発売の少年ジャンプ創刊50周年記念号・33号に掲載されるとのこと。この情報に、日本のみならず海外のファンも歓喜の声を上げている

続きを全部読む

【悲報】実写映画『BLEACH』に海外ファンが言葉の壁を壊すレベルで激怒「FUUUUUUUUUUUCK!!!!!!」

なんだか日本映画業界で流行っているっぽいアニメやマンガの実写化。明らかに無理めな作品が次々と実写化され、その度に批判の声があがっている。次はどうやら『BLEACH』か

2018年7月20日に公開が発表された実写映画『BLEACH』。本作の実写化はすでに発表されていたが、この度新たにビジュアルが解禁されたことにより、再度アニメ実写化を問う声が殺到している

続きを全部読む

『BLEACH』の久保帯人先生が Twitter を再開してエッセイマンガを投稿! ファンから喜びの声が挙がる一方、炎上の気配も

週刊少年ジャンプの黄金期を支えたマンガ『BLEACH』。ジャンプによくあるバトルものでありながらその洗練されたセリフとスタイリッシュな絵は、圧倒的な個性を放っており、生涯のベストマンガに挙げる読者も少なくない。

15年にわたる連載が終了して3カ月……なんと作者の久保帯人先生が Twitter を再開していた! 2016年10月31日に開設された新アカウントには、早くもエッセイ風のマンガがアップされている。久保先生のマンガが読めるのは Twitter だけ!!

続きを全部読む

【悲報】マンガ『BLEACH』の完結に「まだやってたの?」という声多数 / ネットの声「おわりかたひどい」「藍染との戦いがピークだったな」

2001年、週刊少年ジャンプに彗星のごとく現れたマンガ『BLEACH(ブリーチ)』。絵がキレイで個人的に好きだった連載『ゾンビパウダー』の作者・久保帯人さんの新作ということもあり、とてもワクワクしたのを覚えている。

特に、主人公・黒崎一護のライバルとして登場した護廷十三隊の隊長たちの言葉は、今も私(中澤)の心に突き刺さっている。「カッコ良さとは何か?」そんなことを隊長たちの背中から学んだ。あれから15年……すっかり社会人となった私の耳に『BLEACH』が最終回を迎えたという情報が飛び込んできた。えええ! まだやってたんかい!!

続きを全部読む