「フンドシ」にまつわる記事

今こそ知りたい「六尺ふんどし」の締め方

きょう2月14日は……みんなドキドキ! そう、『ふんどしの日』だ。普段はふんどしを締めない人も、「今日くらいは締めちゃおっかなァ」と思っていることだろう。

何シメる? そう、ナニを締めるのか考えるのも楽しい時間だ。ルパンの石川五ェ門みたいな越中ふんどしも捨てがたいが、ビシッとした男らしさを求めるなら「六尺ふんどし」でキマリだろう。しかし! 意外と締め方が難しい。そこで今回は締め方を伝授だ!

続きを全部読む

【男コラム】ふんどしが恋しい / 褌のない日常なんて戦(いくさ)のない戦国時代のようなものだ

非常にまずい事態におちいっている。それは……ただただ、褌(ふんどし)が恋しいのである。

男の中の男の祭「蘇民祭」に向けて、ふんどしに明け暮れた数週間。最初こそ「恥ずかしい」という気持ちがあったものの、一度ふんどしを締めてしまったら、もう元には戻れない。以前もコラムで説明したが、ふんどしを締めているとビシッとした気合いが入るのである。心が熱くなるのである。シリから熱くなるのである。

続きを全部読む