2011年発売のゲームでもっとも愛されたのは『モンハン』 そして今年注目はコレ!

2011年に発売されたゲームソフトのうち、もっともファンに愛されたソフトを決める「ファミ通アワード2011」の発表が行われました。これはゲーム誌『ファミ通』が読者投票や販売数・話題性をもとに、その年に販売されたソフトのなかから、秀逸なゲームタイトルやクリエーターを選定する賞です。

大賞のゲーム・オブ・ザ・イヤーに輝いたのはカプコンの『モンスターハンター3(トライ)G』です。そして今年からソーシャルゲーム部門が新設され、『ガンダムロワイヤル』などの3作品がソーシャルゲーム賞を獲得しました。

実はこのアワードで注目しておきたいのが、ルーキー賞です。その名の通りに、これから先のゲームシーンを担うことになるかもしてないタイトルは、次の作品です。

続きを全部読む