「ヒッチハイク」にまつわる記事

11年も待ったのに晴れの日にリムジンがパンク! 自分の結婚式に向かうためにヒッチハイクした花嫁がド根性な件

誰にでも人生の節目というものがあるが、女性にとって、結婚式ぐらい特別な日はないだろう。美しいウェディングドレスを身にまとい、一生に一度、プリンセスのような気分を味わえるのである。

そんなスペシャルな日に、思いがけないアクシデントは避けたいところだが、起こってしまう時には起こるのが人生である。なんと、事もあろうか待ちに待った晴れの日に、式場へ向かう途中でリムジンがパンク!! 意を決して、自分の結婚式に向かうためにヒッチハイクした花嫁が、ド根性が炸裂しているとネットで話題になっているのだ!

続きを全部読む

ヒッチハイクしたら車に乗せてくれたのは大統領!! 「世界一貧しい」と言われる大統領は気さくなオジちゃんだった!

日本でヒッチハイクする人はほとんどいないようだが、ひと昔ほどではないとはいえ、海外ではたまにヒッチハイクする人を見かける。筆者はヒッチハイクしたこともハイカーを乗せたこともないが、する側も乗せる側も相手がどんな人物か分からないので、危険な行為であることは間違いない。

そんななか、ある男性がヒッチハイクをしたところ、なんと一国の大統領が車に乗せてくれたというのである!! この “世界一貧しく謙虚” と呼ばれる大統領について紹介したいと思う。彼の人生観からは、何か学べるものがあるはずだ。

続きを全部読む

祖母から120万円を盗んだ11歳の孫娘の目的は!? 「16歳男子と会いたくて」タクシーで1340キロを旅するためだった!

思春期の少年少女達は、時に反抗的になったり突飛なことをしてしまうこともある。親は、大人への過渡期にある子供達の成長を心配しながら見守るものだが、そんな心配をよそに、ある少女がトンでもない事をやらかしてしまったのだ!

なんと、おばあちゃんのタンス貯金から約120万円を盗んだ11歳の孫娘が、16歳男子と会いたいがために、1340キロ離れた目的地までタクシーで行こうとしたというのである!!

続きを全部読む

【インドネシア】他人の車に乗せてもらって小銭を稼ぐプロのヒッチハイカーとは?

「ヒッチハイク」といえば、通りがかった車にただで乗せてもらって目的地まで行く方法である。インドネシアにはなんとプロのヒッチハイカーがいて、ヒッチハイクで生計を立てているそうだ。一体どうやってお金を得ているのだろうか? その背景には日本では考えられない事情があった。

続きを全部読む