「ヒアリ」にまつわる記事

【朗報】「ヒアリに刺されたら死亡」はガセだったことが判明! 環境省がホームページから一部表現を削除する

2017年、日本でもっとも注目を集めている動物といえば『ヒアリ』だろう。通常のアリと大きく違うのは毒針を持っていることで、その痛みは凄まじく “焼けるように痛い” ことから『ヒアリ(火蟻)』と名付けられたという。

さらには「死亡例がある」ともされていたヒアリだが、2017年7月18日、環境省はヒアリによる死亡例が確認できなかったとして、ホームページから一部の文言を削除した。つまり「ヒアリに刺されたら死ぬこともある」という噂は、完全にガセネタだったようだ。

続きを全部読む

【閲覧注意】ヒアリに刺されるとこうなるって動画

ここのところ、危険な外来生物「ヒアリ」が日本各地で発見され、大きな問題となっている。先日は新潟県長岡市でヒアリ発見か(後に別種と判明)との情報も錯綜し、今では薬剤を置くなど対策をする港も出てきた。

ヒアリは “絶対に上陸させてはいけない殺人アリ” とも言われるだけに不安は尽きないが、知っておいた方がいいのが「もしもの場合」。そう、ヒアリに刺されたらどうなるのかということ、そしてどう対応したらいいのかである。

続きを全部読む

【必見】話題の「ヒアリ」をわかりやすく解説したイラストがこちらです

ここ数週間、日本でもっとも注目を集める動物といえば、上野公園で誕生した「パンダ」と、各地でその存在が確認されている『ヒアリ』だろう。特にヒアリは、人をも死に至らしめる毒があるとされ、ネット上にはヒアリかどうかを診断する「ヒアリ警察」なるTwitter アカウントまで登場している。

そんな中、ヒアリの生態をわかりやすく解説したイラストがTwitterで公開された。多くの日本人にとって未知なる生物『ヒアリ』とは一体どんなアリなのか? 以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【超有能】ヒアリかどうか判別してくれるTwitterアカウント「ヒアリ警察」がマジでスゴい

強い毒を持つアリ「ヒアリ」が国内で相次いで見つかり大問題になっている。兵庫にはじまり、大阪、愛知、さらには東京とその規模は拡大中。ヒアリは殺人アリと言われるだけに、もはやアリを見るだけでビビってしまう人も少なくないだろう。

専門家でもない限り自分でヒアリと判断できず、恐怖心が芽生えるばかりだが、現在頼りになる存在が話題になっている。「ヒアリだと思ったそのアリ、本当にヒアリですか?」と Twitter で投げかけているヒアリ警察さん(@_Solenopsis)がそうだ。

続きを全部読む