「パレスチナ」にまつわる記事

【衝撃動画】怪奇クモ男! 超絶アクロバット体勢で軟体動物のような動きを見せる少年に世界が驚がく

ありとあらゆる分野で世界一を決める「ギネス世界記録」。これまで想像の斜め上をいく離れ技がいくつも認定されてきたが、またしてもその歴史に新たな1ページが刻まれた。

世界を驚がくさせる離れ技を披露したのは、パレスチナのモハメド・アルシークくん(13歳)。一見、普通の少年だが、グニャリと体を曲げるとアラ不思議! 私たちは信じられない光景を目にすることになる。

続きを全部読む

ガザ版「アイスバケツチャレンジ」のメッセージに耳を傾けて! 住民がかぶるのは氷水ではなく “瓦礫”

現在、世界中に広まりつつある「アイスバケツチャレンジ」は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病の認知度を高め支援するチャリティーだ。指名された人が氷水をかぶるリレー式のチャレンジは、イスラエルから攻撃を受けて破壊されたガザ地区にも及んでいる。

しかし、ガザの住民がかぶるのは氷水ではなく瓦礫(がれき)で、伝えるメッセージも難病ではない。戦闘により多くの命が奪われたガザの惨状を、世界に伝えるために始まった彼らの運動についてお伝えしたい。

続きを全部読む

苦境に負けない人々が素晴らしい! 地上戦へ突入したイスラエルの爆弾シェルターで撮った「笑顔の自撮り写真」が満載のFacebookページに感動!!

先日 “ガザ地区で「常に死と隣り合わせの生活を送る16歳の少女」の Twitter に世界が注目” との記事で紹介したように、イスラエル軍とイスラム原理主義組織ハマスとの間で繰り広げられる戦闘は、今のところ収まる気配はない。

しかしそんな苦境にありがながらも、笑顔を忘れないイスラエル国民が、爆弾シェルターで撮影した自撮り写真が話題を呼んでいるので紹介したい。

続きを全部読む

【ガザ地区】戦火の中「常に死と隣り合わせの生活を送る16歳の少女」の Twitter に世界が注目 / 平和ボケと言われがちな現代人の琴線に触れる

日本が最後の戦争を終結したのは1945年8月15日。もうすぐ終戦69周年を迎えるが、戦争を経験した人はどんどん少なくなってきている。

しかし世界では、今でも戦火の中で普通の暮らしを営めない人々が多く存在する。イスラエルとの長期にわたる戦争で、激しい戦闘が繰り広げられてるパレスチナのガザ地区。激戦地で死と隣り合わせの生活を送る16歳の少女が、Twitter に投稿するメッセージに世界中から注目が集まっているので紹介したい。“平和ボケ” と言われがちな現代人の琴線に触れることは間違いないだろう。

続きを全部読む

マジか!? パレスチナの路上に捨てられていた「8本足の人面ヤギ」が中国で話題に

かつて日本では「人面犬」ブームがあった。「ほっといてくれよ」が口癖の、人間の顔を持った犬のことである。ネットもない時代なのに、あっと言う間にその伝説は日本列島を駆け巡り、一大ムーブメントを巻き起こしたのである。

そして今……。中国のニュース番組で報じられた「8本足の人面ヤギ」が静かな話題になっている。同番組内では「もしかしたら宇宙から来たモンスターかもしれない」とも報じられているが、その実態やいかに!?

続きを全部読む