【パリ同時多発テロ】「死んだフリ」をして助かった女性が自身の体験をFacebookに投稿して話題 / 血液が付着した “事件当日の衣服”も公開

現地時間の2015年11月13日に発生したフランス・パリの同時多発テロ。その事件現場の1つであり、最も多くの方が犠牲になったのがパリ中心部にあるバタクラン劇場である。

そこで実際にテロに遭遇した女性が、自らの体験をFacebookで証言するとともに当日着ていた衣服も公開。今、世界中で大きな反響を呼んでいるので取り上げたい。

続きを全部読む