「パックマン」にまつわる記事

わずか9センチ! 手のひらサイズのゲーム筐体「タイニーアーケード」でギャラガをやってみた! あるいは月日がもたらす残酷な現実……

皆さんが最初に触れたゲーム機は何だっただろうか? 45歳の私(佐藤)が最初に触れたのは、エポック社のカセットビジョン版の『与作』だったと思う。棒人間のようなキャラ(与作)が敵を避けながら木を切り倒すアクションゲームだ。幼馴染の家で小学生の頃に遊んだ記憶がある。家庭用ゲーム機がまだそれほど普及していない時代、ゲームセンターは本当に夢のような空間だった。

筐体を見るだけでもワクワクし、上手いとか下手とか関係なく、画面を見ているだけで胸がトキめいたものだ。そんな昔馴染みのゲーム筐体が手のひらサイズになって帰ってきた! わずか9センチしかないのに、ゲームをプレイできる!! これは欲しい、ということで実機を買ってみたところ、私は月日がもたらす残酷な現実に気付いた。それは……。

続きを全部読む

【悲報】東京の『パックマンカレー』が海外サイトでボロクソに叩かれる「クソまずいから絶対食うな」→ どれだけまずいのか実際に食べてみた

日本の食べ物は世界一ィィィィイイイ! 日本が誇る日本食。海外で日本食は大人気。そう思っていた時期が私(あひるねこ)にもありました……。そう、すべての日本食が絶賛されるわけではないのだ。叩かれる時は叩かれる。それが現実なのである。

先日、とある海外サイトに東京・新宿にあるVR施設「VR ZONE SHINJUKU」で提供されている『パックマンカレー』を酷評する記事が掲載された。「絶対に食うな」と読者に注意まで促している始末。マジかよ、一体どんだけまずかったんだ? 気になったので実際に食べに行ってきたぞ。

続きを全部読む

【ファミコン世代大歓喜】ダイドーデミタスコーヒーに付いてくるナムコの名作ゲームのプレートチェーンが激アツ!! さっそく全種類買ってきた

清涼飲料メーカーのダイドーが、缶コーヒー「ダイドーブレンド デミタスコーヒー」と「ダイドーブレンド デミタス微糖」の新発売に合わせてプレートチェーンが付いてくるキャンペーンを2015年9月1日から展開している。

オマケつきだとついつい手が伸びてしまうものだが、今回のキャンペーンはナムコ(現株式会社バンダイナムコエンターテインメント)の名作ゲームのプレートチェーンが付いてくる、ファミコン世代にはたまらないキャンペーンなのだ! これは手を伸ばさざるを得ない! というわけで全種類ゲットしてきたぞ!

続きを全部読む

「悟空になれるゲーム」がついにキターッ! 世界最大ゲーム見本市『E3』で見つけた超おススメゲーム3選

数え切れないほど多くの来場者を迎え、最高の盛り上がりを見せた世界最大のゲーム見本市『E3 2012』。現地時間6月7日、最終日を迎えたこのイベントには、大人気シリーズの最新作『アサシン クリードIII』や『DMC デビルメイクライ』などが集結しており、ネットメディアでもそのプレイレビューが連日公開されてきた。

しかし来場者のハートを熱くさせたのは、なにも有名タイトルの最新作ゲームだけではない。メディアではあまり報じられていない新スタイルのゲームも会場を大いに盛り上げていたのだ!

ということで、記者(私)がE3で見つけた「あまりメディアに出てきていないが、これはオモシロイ!」と思った超おススメゲーム3選をみなさんにご紹介したいと思う。

続きを全部読む

クリア不可能? 史上最大のパックマン

これをクリアすることはほぼ不可能! 史上最大のパックマンがインターネット上に登場した。その名も「The World ’s Biggest PAC-MAN」。数えきらないほどのステージが用意されており、いくらゲーム好きといえども、そのすべてを制覇することは困難だろう。

続きを全部読む