「パシフィック・リム」にまつわる記事

提供:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

【想像の備え】もしも東京が破壊されたらどうなるのか? 不安なのでサバイバルの専門家たちに聞いてみた結果…

あまり考えたくないことだが、我々は常に「もしも」の時を考えておかなければならない。異常気象による震災はもちろん、その他の「何か」が起きた時のことも……。とりわけ東京は、「いつか何かが起こる」と考えられやすい都市である。

「もしも」が来て、東京か壊滅的に破壊されてしまったら……どんな状況になるのだろうか? そして我々は、どのように対処すれば良いのか? 考えれば考えるほど不安は募るばかりだが、ここはひとつ、専門家に聞いてみることにしよう。

続きを全部読む

映画『パシフィック・リム:アップライジング』公開記念!「ジョン・ボイエガ」&「スティーヴン・S・デナイト監督」特別インタビュー!!

2018年4月13日、シリーズ第2弾となる『パシフィック・リム:アップライジング』がいよいよ公開される。前作に引き続き敵が「KAIJU(カイジュー)」であることからもわかるように、日本への深いリスペクトが随所に散りばめられた話題作だ。

今回はそんな日本愛あふれる『パシフィック・リム:アップライジング』で主演を務めた「ジョン・ボイエガ」と監督の「スティーヴン・S・デナイト」に単独インタビューを敢行! 果たして2人が語ってくれた “プロの条件” とは? 詳細は以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

映画『パシフィック・リム』新作をウルトラセブン風にしたらこうなった! 日本の特撮化させたパロディ予告が秀逸すぎる / ネットの声「これが公式でいいよ!」

ハリウッドが怪獣映画を作ったらこうなった! 映画『パシフィック・リム』が世界をうならせたのは、もう5年も前のことである。そして2018年に続編が帰って来た!! 『パシフィック・リム:アップライジング』である。

すでに公開されている国では好発進の同作だが、公開のタイミングにあわせて、めちゃくちゃカッコイイ予告動画がネットで話題になっているぞ。見てみると……こ、これは! なんとアツい!!!!! 70年代の特撮映画風に仕上げられているのだ!

続きを全部読む

中国で『パシフィック・リム』の技「エルボーロケット」が「ペガサス流星拳」と翻訳 → 理由「監督は日本のアニメが好きだから」 → 米・映画会社からクレーム

現在、大ヒット上映中のハリウッド映画『パシフィック・リム』。監督のギレルモ・デル・トロ氏は、この映画は日本の特撮やアニメへのオマージュ作品であることを公言しており、公開前から注目されていた。そして公開後、この映画の中国大陸版がにわかに注目されている。というのも、映画の字幕のなかにとんでもない翻訳が見つかったからである。

・「エルボーロケット」が「ペガサス流星拳」に
「エルボーロケット」は『パシフィック・リム』に登場する対怪獣ロボット「イェーガー」の必殺技名である。イェーガーは技名を叫びながら技を繰り出す。だが中国大陸版では、この大切なシーンの字幕が、「ペガサス流星拳」になっているというのだ。

続きを全部読む

ハリウッド怪獣映画『パシフィック・リム』をファンがゴジラ風にアレンジ! 異常なまでにカッコイイと話題に / ネットの声「これが公式でいいだろw」

2013年8月9日より公開予定のハリウッド映画『パシフィック・リム』。海から現れた怪獣と巨大ロボが戦うという日本の特撮映画を彷彿とさせる作品だ。監督のギレルモ・デル・トロ氏も、同作は日本の特撮や漫画へのオマージュであると公言しており、この夏一番の話題作だと言われている。

その期待のハリウッド版怪獣映画『パシフィック・リム』について、ファンが制作した予告動画が話題となっている。怪獣映画のオマージュだけに、こちらの動画は昭和の特撮風な仕上がりだ。古き良き味わいがあってシビれるくらいカッコイイと話題になっている。

続きを全部読む