「バンジージャンプ」にまつわる記事

ハロウィンなので大仁田厚のコスプレをしてノーロープ有刺鉄線風モール豪華絢爛クラッカー爆破バンジージャンプデスマッチinよみうりランドしてみた結果

ハロウィンの仮装でよく見かけるのが「流血」である。なぜか口から血が流れていたり、洋服に血が付いていたりする人たちが大勢、街や村を闊歩している。中には、バッドナースとも言うべきナース姿の流血女子がいたりもする。

だが、どういうわけだか、いまだかつて見たことのない流血系のコスプレがある。大仁田厚だ。みんな流血コスプレを望んでいるのに、なぜ大仁田厚を外すのか、私には到底理解できない。ということで、大仁田厚になってみた。

続きを全部読む

【恐怖映像】424メートルの高さからバンジージャンプ! 真っ逆さまに落ちる視点映像が見ているだけでチビりそう

海外はもちろん、日本国内でも体験できるバンジージャンプ。わずか一本の命綱で高所から飛ぶだけに、恐怖症の人にしたらクレイジーすぎるが、好きな人はとことん大好きなアトラクションだ。

そんなバンジージャンプで新たな記録が樹立された。なんと424.8メートルの高さから真っ逆さま! 海外の男性が、東京タワー(333メートル)よりも高い位置からジャンプするチャレンジを成功させたのだ。それでは、その様子を視点映像で撮った動画「GoPro: Record Rope Jump」をご覧いただこう。

続きを全部読む

人がゴミのようだ! 245人が同時にバンジージャンプすると『天空の城ラピュタ』みたいな気持ちになる

見ろ! 人がゴミのようだ!! これは『天空の城ラピュタ』でムスカ大佐が言い放った名セリフである。どこか冷酷さもあるため、まず日常生活で使うことはないが、自然と口をついて出てきそうになる動画「245 people jump off a bridge together – BBC News」が公開された。

どんな内容なのかというと、なんと245人が橋からバンジージャンプするというではないか。しかも、1人ずつではなく、245人が一斉に飛んでいるところがミソである。さっそく、動画でその様子をチェックだ!

続きを全部読む

高所恐怖症の男性に「目隠ししてバンジージャンプさせたら」こうなった! ‟ドッキリ” だと知らない本人のビビり具合が超おマヌケな件

誰にでも、怖いと思うものや苦手なことがあるものだが、恐怖症のなかで、最も良く聞かれるのが高所恐怖症ではないだろうか。特に男性なら、「高い場所でビビっているところを恋人や奥様に見られたい」という人は少ないに違いない。

ところがそんな姿を、しっかりと動画「Bridegroom Gets Bungee Pranked」に収められてしまった男性がいる。結婚を控えている彼の新しい門出を祝って、彼の悪友たちが、目隠しをしてバンジージャンプさせるドッキリを仕掛けることに! まさか、ドッキリだとは思っていない高所恐怖症の男性のビビり具合が、超おマヌケなのである!

続きを全部読む

【衝撃動画】命綱つけず手に握ってバンジージャンプ! 己の腕だけを信じて飛翔する命知らずな男

わずか一本の命綱で高所から飛ぶバンジージャンプは、数あるアトラクションの中でもトップクラスの恐ろしさを誇る。絶叫系大好きな人はうってつけだろうが、絶対に挑戦できないという人にとっては想像するだけでも恐ろしいものだ。

そんなバンジージャンプだが、あろうことか命綱を己の腕に託して飛翔した命知らずがいたのでご報告したい。どう考えても正気ではないチャレンジは、動画「The First Hold & Release Bungee Jump | Damien Walters」で確認できるぞ!

続きを全部読む

100歳のおばあちゃんが誕生日にスカイダイビングで空を舞う!! その後は海中でホオジロサメと対面して過激にバースデーをお祝い!

歳を取るにつれて、「もう誕生日なんて嬉しくないな~」と言う人が増えてくるが、誰でも年を取ることだけは避けようがない。“どうせ誕生日は巡ってくるのだから、それなら楽しく過ごしてしまおう!” と、過激にバースデーを祝ったおばあちゃんの動画「South African Soars to Celebrate a Century」が話題を呼んでいる。

“生まれてから1世紀” という記念すべき誕生日を迎えたおばあちゃんが、スカイダビングで大空を舞った後は、ホオジロザメと海中で過ごして過激に祝ってしまったというから驚きだ!

続きを全部読む

【コラム】地上160メートルの高さから「足から落下」してしてみた結果 → 鳥になろうとしていた

バンジージャンプをするとき、飛ぶ前に「どのように飛ぶのか」は決めておいた方が絶対に良い。空を飛んでいるスーパーマンのように、胸を突き出して飛び立つか。ドラゴンボールにおける空中飛行のように、頭から「ゴーッ」と落ちていくのか。

バク転をするがごとく、背面から仰け反るように飛び立った男も知っている。一方、当の私(筆者)は、そのまま足から落ちてみた。地上160メートルの高さを誇る世界2位のバンジージャンプで、そのまま足から落下すると、どんな思いがよぎるのか?

続きを全部読む

【ドッキリ】恐怖感全開のリアクションは必見!! 目隠しをして両足を縛られた男性が地上数センチから「バンジージャンプ」

ドッキリの見所と言えば、何と言ってもターゲットのリアクションだ。本人には悪いが、ドッキリだと気づかずに、驚いたり怖がったりする様子は、見ている者の笑いを誘う。

そんなドッキリのなかで、「最高レベル」とも言えるリアクションを見せてくれた動画が、今海外で注目を集めているので紹介したい。YouTube の「Bachelor bungee」で見られるそのリアクションは……まさに完璧である!

続きを全部読む

【ヒヤっと動画】断崖絶壁からロープスイング → タイミングをミスしてスタッフが巻き添えに!!

空中に張られたロープを滑降していく「ロープスイング」。ちょうどアスレチックの「ターザンロープ」にも似ており、バンジージャンプと並ぶ過激なレジャーのひとつとして知られている。

そのロープスイングに挑戦した若者たちがYoutubeに動画「Bungee jump in Russia goes wrong」をアップ、その様子を公開した。命綱がついているとはいえ、高所からのロープスイングはその第一歩に勇気がいるものだ。よし! 意を決してジャーーーーンプ!! ……はずが痛恨のミス! タイミングを間違ってスタッフまで一緒に転落してしまったのだ。スタッフは命綱も何もつけてないぞーッ!!

続きを全部読む

ここぞという正念場でビビってしまうのは未来の自分の感情を予測できないから

転職や結婚、マイホーム購入、バンジージャンプ、恋人との破局……など、何かを「やる!」と決断した時はとても冷静だったはずなのに、いざ「その時」が来ると、急にビビってあたふたしてしまったという経験、みなさんも一度くらいあるのではないだろうか。

最新の研究で、その理由が明らかにされた。それによると、「ここぞという正念場でビビってしまうのは、未来の自分の感情を予測できないから」だという。

続きを全部読む