2012年7月28日より日本でも公開される映画『ダークナイト ライジング』。クリストファー・ノーラン監督による「バッドマン」シリーズ三作目にして、完結を迎える作品で、公開前から高い関心を集めている。どのような作品に仕上がっているのか非常に楽しみなのだが、映画レビューサイトで酷評を浴びせている評論家たちがいる。

彼らによれば、「失望を感じる」や「アクションがひどい」とバッサリ。作品の上映を楽しみにしていたネットユーザーがこれに反論し、レビューサイトは炎上状態になっている。

続きを全部読む