【海外ドラマ】『ブレイキング・バッド』 “バッジャー” の素顔に迫る!!  元々はトゥコの手下だった / 元コメディアンで監督・脚本家としてマルチな才能を発揮

生まれてから何ひとつ曲がったことをしたことがなかった真面目な化学教師ウォルター・ホワイトが、高純度ドラッグの精製に手を染め、殺人すら怯まなくる衝撃作『ブレイキング・バッド』。まず現実にはあり得ない設定ゆえ、異常なストーリーが紡ぎ出す非現実感をリアルに見せるために、所どころでパンチを効かせたブラックユーモアは不可欠である。

そんなユーモア部門を大きく担っているのが、悪徳弁護士ソウル・グッドマンスキニー・ピートを頭(かしら)にしたストリートの三バカ大将だと、以前に紹介した。そして今回は、ウォルターの相棒ジェシーの心を許せるダチで、いつもピートとセットになっていたバッジャーことブランドン・メイヒューを演じたマット・ジョーンズの実態に迫ってみたい。

続きを全部読む