「バス」にまつわる記事

【緊迫映像】バス走行中にトラック火災を発見 → 緊急停車! 運転手が消火器を持って消火へ → 鎮火後、風のように立ち去る姿が男前すぎる

先日、ネット上である緊迫映像がとらえられたと話題になっている。それは、高速道路での火災だ。延焼したら被害は甚大、通報しても警察や消防がすぐ到着するのかわからない……! そんな状況下である男性の行動が素晴らしいと賞賛されている。

それは、炎上した車両の後方を走っていたバスの運転手だ。火災を発見した彼はバスを緊急停車!! その後の行動があまりにもカッコイイのだ。その一部始終は動画「【TVBS】貨車國道起火停路肩 國光司機熱血滅火」で確認できる。

続きを全部読む

【救出劇】バス走行中に飛び降り自殺を発見 → 緊急停車! 運転手が飛び出し自殺者を確保 → バスに乗せて警察へ / ネットの声「すごい瞬発力だ」

1ミリも想像していない緊急事態に遭遇した際、瞬時に冷静な行動を取れないものだ。そんな切迫した状況でも、他人のために行動できる人物を人は「英雄」と呼ぶ。

海外でそんな英雄的な行動をしたバス運転手が話題になっている。走行中に、川へ飛び込み自殺をしようとしている女性を発見! その瞬間、彼がとった行動が素晴らしいと賞賛されているのだ。その様子は動画「Bus driver saves woman from jumping off bridge in E China」で確認できる。

続きを全部読む

【知っ得情報】福岡市内から「太宰府天満宮」まで直通で行けちゃうバスが超便利!!

福岡県の観光名所といえば「太宰府天満宮」がある。菅原道真が祀ってある神社は「学問・至誠・厄除けの神様」として有名で、全国各地から年間700万人もの参拝者が訪れる。学校の授業でも学ぶため、全国区で知名度が高い。

ひとつ難点を挙げるとしたら、アクセスがめんどくさいのがあったが、今ではそうでもなくなっていた。なぜなら、新設された直通バスを使えば超便利! このバスは、JR博多駅だけでなく、福岡空港からも乗り換えなしで目的地に行けるスグレモノなのだ。

続きを全部読む

【ぶらり100円バスの旅】隅田区内循環バス「すみまるくん・南部ルート」で両国駅~本所吾妻橋方面を巡る / スカイツリー行きにはかなり便利

たまの休日。家でゴロゴロもいいけれど、やっぱりお出かけもしたいもの。「でも遠出はメンドクサイ!」というあなた、近場でウロウロしてみよう。し・か・も、リーズナブルに。例えば東京都。都内には100円で乗車できるバスが数多く存在する。そんな100円バスに乗って半日観光をご紹介するのが、この「ぶらり100円バスの旅」である。

第4回目の100円バスは、隅田区が運営する『すみまるくん・南部ルート』だ。大まかに路線を説明すると、「両国 → 押上 → 錦糸町」を循環するバス。江戸文化と最先端が交わる風景に、さあ会いに行ってみよう。

続きを全部読む

「半ケツプリッ状態」の写真を使った広告が秀逸だと話題 / 広告キャンペーンの意外な目的とは?

突然だが、あなたがバスに乗っているとき、もし目の前に “半ケツプリッ状態” の人が座っていたら、どう感じるだろうか? ……それを見てうれしいと思うか、逆に不快だと感じるか、もしくは特に何とも思わないかは人それぞれだろうが、とにかく、誰もが少なくとも一度はギョっとするに違いない。

そんな「半ケツプリッ効果」を見事に利用した広告が、今海外で秀逸だと話題になっているので、画像と合わせて紹介しよう。

続きを全部読む

【ぶらり100円バスの旅】渋谷区神宮の杜ルート「ハチ公バス」で渋谷駅~南青山を巡る / 人混みをするりと抜けて大人の街を散策

たまの休日。家でゴロゴロもいいけれど、やっぱりお出かけもしたいもの。「でも遠出はメンドクサイ!」というあなた、近場でウロウロしてみよう。し・か・も、リーズナブルに。例えば東京都。都内には100円で乗車できるバスが数多く存在する。そんな100円バスに乗って半日観光をご紹介するのが、この「ぶらり100円バスの旅」である。

第3回目の100円バスは、渋谷区の「ハチ公バス」神宮の杜(もり)ルートだ。大まかに路線を説明すると、「渋谷駅 → 青山 → 千駄ヶ谷」を循環するバス。車窓から見える風景は流行の最先端そのもの。さあ、バスに乗ってみよう。

続きを全部読む

【ぶらり100円バスの旅】中央区北循環バス「江戸バス」で東京駅~人形町を巡る / 甘酒横丁でホッと一息

たまの休日。家でゴロゴロもいいけれど、やっぱりお出かけもしたいもの。「でも遠出はメンドクサイ!」というあなた、近場でウロウロしてみよう。し・か・も、リーズナブルに。例えば東京都。都内には100円で乗車できるバスが数多く存在する。そんな100円バスに乗って半日観光をご紹介するのが、この「ぶらり100円バスの旅」である。

第2回目の100円バスは、中央区の「江戸バス」だ。大まかに路線を説明すると、「東京駅 → 日本橋 → 人形町」を循環するバス。近代的な街並みとモダンな風景が交わる時間と空間に、さあ、会いに行ってみよう。

続きを全部読む

【ぶらり100円バスの旅】台東区循環バス「東西めぐりん」で谷中~浅草を巡る / 江戸情緒あふれる街並みを満喫

たまの休日。家でゴロゴロもいいけれど、やっぱりお出かけもしたいもの。「でも遠出はメンドクサイ!」というあなた、近場でウロウロしてみよう。し・か・も、リーズナブルに。例えば東京都。都内には100円で乗車できるバスが数多く存在する。そんな100円バスに乗って半日観光をご紹介するのが、この「ぶらり100円バスの旅」である。

第1回目の100円バスは、台東区が運営する「東西めぐりん」だ。大まかに路線を説明すると、「谷中 → 上野 → 浅草」を循環するバス。江戸情緒あふれる素敵な時間と空間に、さあ、会いに行ってみよう。

続きを全部読む

【衝撃動画】キラリと光るとっさの判断! 強盗を半泣きにさせて撃退したバスの運転手がカッコイイ!!

世界の中でトップクラスに治安のいい日本では、非日常的な光景である強盗。しかし、ブラジルW杯の開催前に度々ニュースになったように、ブラジルをはじめとする南米はお世辞にも安全とはいえず、そうめずらしくはない。

そんな中、今回は南米のチリで起きた強盗事件をご紹介したいのだが、なんと強盗を半泣きにさせて撃退した人物がいたぞ。その様子は動画「Ladron es golpeado por chofer en la micro | Flaite ladron apaleado en la micro [Concepcion,Chile]」で確認可能だ!

続きを全部読む

【動画あり】大学生がバスの下敷きに! 周囲にいた人々が力を合わせてバスを傾ける → 大学生救出!

以前本サイトでは、ホームに足を挟まれた男性を救うべく、その場に居合わせた人々が一致団結した記事をご紹介した。大勢の人々が電車を押して傾け、男性を無事に救出したという心温まるニュースであった。

今回は、そのニュースを彷彿(ほうふつ)とさせる事案を取り上げたい。内容を簡単に言うと……周囲の人々が力を合わせ、バスの下敷きになった人を救い出したのだ。その時の様子は、YouTube にアップされた映像「Pune’s people power: Group lifts bus to free trapped students」でも確認できる。

続きを全部読む

【失敗】スキー場で妙技を披露する男に予想外のアクシデント勃発! 蹴り上げたスキー板はどこ行った!?

全国各地の山々から初冠雪のしらせが届いてる。スキーヤー・スノーボーダーにとってはうれしいシーズンの到来だ。早くも、友達と連れだって遊びに行く計画を立てている人もいるかもしれない。

だが、はしゃぎすぎるとケガや事故の危険があるので十分に注意して頂きたい。スキー板の扱いを間違えると、大変な事態になってしまうかも……。そのことを教えてくれる映像をご紹介しよう。映像に登場するスキーヤーは、明らかに調子に乗りすぎた。いい格好をしすぎたために、完全に予想外のアクシデントを起こしてしまう。いったい何をした?

続きを全部読む

【注意喚起】スマホを見ながら運転するとヤバイってことが一発で分かる動画

歩きながらスマホ、会話しながらスマホに、風呂に入りながらスマホ……など、どんな状況でも「ながらスマホ」は危険をともなう。人にぶつかるかもしれない。相手を怒らせてしまうかも……。風呂の中に落としてしまうかも……いずれにしても危険である。

だが、もっとも危険な「ながらスマホ」は、クルマを運転しながらのスマホである。運転しながらスマホをしてたら、最悪どうなってしまうのか? その答えは、動画「Bus hits truck while driver is checking text message」を見れば一目瞭然だ。

続きを全部読む

【動画あり】完全に無重力状態! 中国で起きた高速バス事故の車内映像が想像以上に衝撃的

日本でも、高速道路を走る長距離バスを利用したとき、「シートベルトを着用してください」と案内される。2008年6月の道路交通法改正からは、後部座席のシートベルト着用は義務となっており、高速バスも例外ではない。

そんな高速バスにおけるシートベルト着用の重要性が一発で分かる事故映像が大きな話題になっているのでご紹介したい。動画のタイトルは「大陸巴士高速公路上倒車被撞、多人被拋出車外 (多角度CAM版)」である。

続きを全部読む

【衝撃映像】史上最高にデンジャラスな方法で乗車した鹿が話題に

こんな危険な乗車方法は見たことがない! 今からご紹介する動画をご覧になった後、多くの人がきっとこう思うことだろう。アメリカ・ペンシルベニアで撮影された「Deer Fare」という動画には、運転中の一台のバスが映し出される。

車内には乗客は一人しかおらず、バスは静かに前へと進む。すると次の瞬間、走行中のバスの目の前に、一頭の鹿が飛び出してきた。危なーーい!

続きを全部読む

【東京都】マジか!? 都バスと都営地下鉄の24時間運行を検討 / ネットの声「タクシー涙目」

夜の飲み会や残業のとき、常に意識してなければならないのが「終電」だ。それを逃したら金銭的に大打撃! タクシーに乗るか、それともどこかで一泊するか……の2択となる。また、終電狙いでナンパしている人もいると聞く。

そんななか……2件のビッグニュースが飛び込んできた。まずは都バスの24時間運行化だ!

続きを全部読む

【写真集】ミャンマーを走る「日本からやってきたクルマ」たち / 路線バスや商用車など

海外に行った際の楽しみのひとつといえば、その国を走るクルマを見ることだ。バスやタクシー、運送トラックに乗用車……と、様々なクルマが活躍している。いかにも「その国」っぽいクルマが走っていると、異国に来たことを実感する。

その一方、ミャンマー(ビルマ)の路上には、どこか見覚えのあるクルマが数多く走っている。よーく見ると、日本語が書いてある。そう、日本から輸出された中古車たちだ。ということで今回は、現地で撮影した「日本からやってきたクルマ」たちをご紹介したい。

続きを全部読む

大人には懐かしい「バス降車ボタン展示会」が子どもたちに大人気だった!

「つぎとまります」、バスに乗ったら誰でも必ず一度は耳にするこの言葉。通勤通学でバスを利用する人は、毎日のように聞いているかもしれない。乗車した際には一度しか押すことのできない降車ボタンを、多数展示したイベントが東京・渋谷でGW中に開催されていた。その名も「バス降車ボタン展示会」

現行の車両に備えられたものから、今では生産されていない稀少なものまで、その数約100種。子どもたちは目を輝かせて、ボタンを押しまくっていた。

続きを全部読む

ニセモノ天国中国に「ニセバス」登場! 2カ月間も運行し続け金を強奪

「気付けよッ!」と言いたくなるような、驚くべきニセモノ事件が中国で発生しました。今回話題になっているニセモノとは、バスのニセモノ。2カ月間も運行し、100人もの乗客から金を奪い続けていたそうです。どうして気付かなかったんでしょうか? どうやら犯人たちはバレないように一策講じていたようですよ。

続きを全部読む

未来のレンタサイクルはバスと合体だ!

観光地の移動手段で便利なのがレンタサイクル。時間単位で自転車を貸してくれるので経済的だしエコでもある。日本ではあまり馴染みのないレンタサイクルだが、中国のデザイナーたちが今までにないユニークなレンタサイクルを考えだした。それは、バスと合体した自転車だ。

続きを全部読む

羽田空港から片道5000円でマレーシアへ! 激安価格で名を上げた格安航空「エアアジア」。実際は保険料だの空港税だの機内食だの荷物料金だの、オプションをつけるうち、いつの間にか片道1万円をオーバーしてしまうカラクリなのだが、それでも激安であることには変りない。

もちろん、安いぶん歯を食いしばらなきゃならないことも沢山ある。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2