「バイリンガル」にまつわる記事

外国語が話せると脳が得する7つの事 「認知症になるのが4~5年遅れる」「感情的にならずに理性的に決断を下せる」など

ひと昔前に比べると、日本でもバイリンガルや多言語を話せる人が増えてきた。外国語が話せると旅行の時に便利なのはもちろん、外国人の友達もできて人間関係の幅が広がる。しかしそれだけではなく、多言語を話すことで脳が受ける恩恵も大きいというのだ。そこで「外国語が話せると脳が得する7つの事」を紹介したい。

続きを全部読む

【マスコミ】最低時給が5000円!? あまり知られていない職業「翻訳家」のテレビ局での業務

翻訳家という職業がどんなものか、皆さんはご存じだろうか? 簡単にいえば、外国語の文章や書籍を日本語に訳す仕事である。あまり知られていないが、テレビ局に派遣される専門の翻訳家がいる。

・時給が激高

この仕事は、一般的な翻訳の仕事と比べ、かなり高額な報酬がもらえる。テレビ局での翻訳は、相場で最低5000円という破格の時給からスタートする。日給ではない。時給である。今回は、その具体的な業務内容を紹介していこうと思う。

続きを全部読む

「小さい頃から2カ国語話せると年をとっても脳が効率よく機能する」という研究結果

日本でも子どもに外国語を習わせる親が増えてきた。子どもをバイリンガルやマルチリンガルに育てることはお金もかかるし、労力もいる。しかし、その分将来得られるメリットも大きいかもしれない。

米ケンタッキー大学医学部の研究チームが論文に発表したところによると、子どもの頃から2カ国語を話しているバイリンガルの高齢者はモノリンガル(母国語のみ話す人)の人に比べて脳が効率よく機能するというのだ。

続きを全部読む