「ネット通販」にまつわる記事

防犯カメラは見ていた! Amazonの悪質すぎる配達がこちらになります

自分の荷物がまさかこんなふうに運ばれていたなんて……。現在、Amazon配達員のまさかの行動をとらえた1本の動画が見る人を驚かせている。不在で置きっ放しも許せないが、比べものにならないくらい悪質な配達をしていたのだ。

その様子は、YouTubeにアップされている動画「Amazon delivery driver chucking my package up a floor, missing, then doubling down」で確認できる。周りに誰もいなくても、防犯カメラは見ていた!!

続きを全部読む

【これはヒドイ】Amazonで恐竜の枕を注文したら “モデルの男の子つき” で配達された / 購入者は激おこ! ネットにさらした結果

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング……実際に商品を手にとって確認できない通販は、商品情報や写真や映像が頼みの綱。良心的なお店なら、購入者が「思ってたのと違う!」とならないよう細心の注意を払っているはずだ。

さて先日、Amazonのユーザーが「思ってた商品と違った!」と怒りの声をあげている。恐竜の形をした枕を注文したはずが、モデルだと思っていた男の子つきだったというのだ。

続きを全部読む

【最悪な不在配達】英の配達員が荷物を窓からポンっ → 配達物が「便器」にドッポンっ

最近はネットで買い物する人が増え、宅急便の配達員は大わらわである。配達しても不在が多いため、「再配達は有料にするべきでは」といった声も挙がっているが、海外でも状況は似たり寄ったりなようである。

というのも、イギリスで配達員が荷物を届けたものの不在だったため、開いていた窓から荷物をポンっと投げ入れたところ、真っ逆さまに荷物が便器にドッポンと落っこちる事態が起きてしまったというのだ!

続きを全部読む

【恐ろしや】「陽性反応が出た妊娠検査薬」が海外コミュニティサイトで販売される! 1日に2万3500円も稼ぐらしいぞ!!

これだけネットが発展した現代では、「ネットで買えない物はない」と言ってしまっても過言ではない。ネット通販は、実際に店舗に足を運ぶよりも商品の種類が豊富だし、値段も安く買えてしまうことが多い。

そんな、便利なネットショッピングだが、時には売りに出されてはいけない ‟ブツ” を目にすることもある……。なんでも、ある女性が「陽性反応が出た妊娠検査薬」を売りに出し、1日に200ドル(約2万3500円)も稼いでいるというのだ!!!

続きを全部読む

【通販詐欺】 “ひとつ上の男” を目指した男性が “下半身サイズアップマシーン” を注文したらこうなった / ネットの声「見事な詐欺!」「笑い過ぎて涙出た」

最近国内外で急増している犯罪が、通販サイトやオークションサイトを利用したネット通販詐欺だ。「注文したのに商品が届かない」「全く違う商品が届いた上に、返金にも応じてくれない」などの被害が報告されている。

現在そんな被害にあった1人の男性が、海外で注目を集めているので紹介したい。その男性が注文したのは、いわゆる男性のシンボル・サイズアップマシーン。「それは何だ?」と思われ人もいるかもしれないが、一言で言えば有名スポ根漫画の大リーグボール養成ギブス・男性シンボル版みたいなものである。

極めて特殊な商品であるが、注目を集めている理由はそれだけではない。注文に対する詐欺師の対応が、「秀逸だ」と話題になっているのだ。

続きを全部読む

【不可解】ネットでオーストラリア製の粉ミルクを買ったら “生きたカンガルー” が送られてきたでござる!?

通信販売は商品が手元に届くまでドキドキだ。実際に商品を見て「ダマされたッ」と思うこともあれば、逆に「想像より良い商品だった」ということもある。

ある女性が、ネットでオーストラリア製の粉ミルクを注文したそうだ。すると何やらガサガサ動く箱が届いた。開けてみると中から生きたカンガルーが出てきたのである。粉ミルクを注文したのに、なぜカンガルーが!? いくらオーストラリアだからって……! 一体どういうこと!?

続きを全部読む

オーダーから最速で1時間以内に商品が届く『ebay now』がベータサービス開始!

ネットで商品を注文すれば、買い物に行く手間が省ける。しかし届くまでに時間がかかってしまい、「今欲しい! すぐに欲しい!」という欲求を満たせずに、実店舗に行くという人も多いはず。そんな方向けの画期的なサービスが登場したようだ。

世界最大規模のネット通販サイト「ebay」は、その日のうちに発送し、最短で1時間で商品を届けてくれる「ebay now」のベータサービスを開始した。今後サービスが充実すれば、驚異的なスピードで商品が自宅に届くようになるかもしれない。

続きを全部読む