「ネガティブ」にまつわる記事

【新社会人必見】悠木碧さんの『ネガティブを撃退する方法』にネットで称賛の嵐「とても素敵な考え方です!!」「やってみます」

ついに新年度が始まった。新社会人の皆さんは初出勤を問題なく済ませることができただろうか? 新しい環境、慣れない仕事に緊張の連続である初出勤。自分は本当にここでやっていけるんだろうか……先への不安からネガティブな思考になってしまう人も多いだろう。

そんな新しい環境で頑張る人に向けられた悠木碧(ゆうきあおい)さんのTwitter投稿が話題だ。声優としても歌手としても売れっ子の悠木碧さん。そんな彼女の『ネガティブを撃退する方法』がコレだ!

続きを全部読む

【コラム】偽ネガティブ急増中!「ポジティブよりネガティブの方がカッコいい」という風潮はどうにかならないのか?

一般的に、前向きな思考をポジティブ、後ろ向きな思考をネガティブと呼ぶ。普通に考えれば何事も、後ろ向きよりは前向きの方がいい気がするが、ここ数年「ネガティブの方がカッコいい」という風潮が蔓延している気がしてならない。

さらに言えば「ポジティブは物事をよく考えないヤツ」という雰囲気や、「ネガティブって言っておけばとりあえずOK」という気配すら感じる。これは健康的ではない、由々しき事態である。

続きを全部読む

提供:小学館

『大辞泉』の語釈募集が面白い! 「SNS」に関する投稿がネガティブすぎて笑った

「言葉の定義」について考えたことがあるだろうか。特定の言葉の正しい定義のことではなく、自分の経験から編み出した自分なりの定義である。たとえば「仕事」の定義は、ある人にとって「やりがい」かもしれない。別の人には「かったるい」かもしれない。

・大辞泉が語釈募集

そんな言葉の定義、いわゆる「語釈」を小学館の国語辞典『大辞泉』がネット上で募集している。募っている言葉は次の8つだ。「愛」、「自由」、「大人」、「失敗」、「カワイイ」、「友だち」、「萌え」、「SNS」。すでに4000件以上の投稿が行われているのだが、取り分け「SNS」の語釈が目につく。というのもやたらネガティブな内容が多いのである。

続きを全部読む

あなたは大丈夫? Facebookユーザーの3人に1人はサイト閲覧後に嫉妬心や孤独感を感じていた

突然だが、Facebookユーザーのみなさんに質問。「Facebook利用後、あなたはその時のやりとりや内容にどれほど影響を受けていると感じますか?」

ドイツで行われたある調査によると、なんとユーザーの3人に1人がFacebook閲覧前よりも後に気分が沈み、嫉妬心や孤独感を抱いていることが明らかになったそうだ。3分の1もの人が必ずしも利用する必要のないSNSに参加して、日々閲覧するたびにネガティブな気持ちになっているというのである。

続きを全部読む

他人が身体を掻いているのを見るだけで「かゆみ」は伝染する / 神経質でマイナス思考の人ほどうつりやすい

他人がかゆそうに身体を掻いているのを見ると、なぜか自分までムズムズとしたかゆみを感じて掻いてしまったという経験がみなさんにもあるだろうか。最新の研究によると、身体を掻く動作を見るだけで “かゆい” という感覚は伝染し、神経質でマイナス思考の人ほどうつりやすいという。

続きを全部読む

【不適切問題】高校期末テストで「学校で一番ネガティブな先生は誰?」と出題 → 生徒全員同じ教諭を回答

横浜市内の高校の一学期末テストで、驚くべき問題が出題されていたことが判明した。その問題内容とは、

「学校で一番ネガティブな先生は誰?」

というもの。学力とはおよそ無縁の問題なのだが、驚いたことに生徒は全員同じ教諭の名前を回答したというのだ。これはいったいどういうことだ?

続きを全部読む