サムスンがアルバイトを使ってネット上で HTC を中傷 / やらせがバレて3300万円の罰金

世界中で激化するスマートフォン戦争。どのメーカーもしのぎを削るなか、台湾の現地法人である台湾サムスンが学生アルバイトを使って、インターネット上に現地企業 HTC の商品を中傷する書き込みを行っていた。

この問題はかねてより指摘されていたが、台湾の公平交易委員会(公正取引委員会に相当)が調査に乗り出し、2013年10月24日、台湾サムスンに対し約3300万円の罰金を命じていたことがわかった。

続きを全部読む