「ドラゴンクエスト」にまつわる記事

【期間限定】愛知名物「ういろう」とドラクエウォークがコラボした「スライムういろう」を手に入れた!!

リリースから2.5周年を迎え、今も高い人気を維持しているドラクエウォーク。先日、まものマスターが実装されたことで新たなやり込み要素が増えたばかりだが、ゲーム外のリアル世界でもアツいことになっている。

そう、リアルおみやげプロジェクトの第4弾が大開催。神奈川県の「鈴廣(すずひろ)かまぼこ」、埼玉県の「十万石」、福岡県の「東雲堂」といったそうそうたるメンツに続き、ういろうで知られる愛知県の老舗「青柳総本家」がコラボ参戦したのである!

続きを全部読む

【DQウォーク】近日開催のまま止まってる「モンスターグランプリ」はどうやったら楽しめるか改善点を勝手に考えた

ドラクエウォークに仲間モンスターが実装されてしばらく経った。当初、ドラクエ5イズムを感じた私はワクワクドキドキ、そしてヘルバトラー(超)が仲間になってヒーハーしたものだが、肝心のモンスターグランプリは1回開催されてそれっきり。

次はいつ来るのかと思うと同時に、もう1回開催されたところであまり楽しめる気がしない。何しろ、単刀直入にいえばつまらない。シーズン1こそ150勝の報酬までは頑張ったものの、あまりにも作業感が強すぎた。一体どうしたらいいのやら……ということで改善点を勝手に考えてみた!

続きを全部読む

【ドラクエウォーク】オートプレイで「超連戦組手」のクリアを目指したら…痛感した弱点の重要性

随分と遠いところまで来たものだ。私はドラクエウォークを2019年9月12日(リリース日)からプレイしており、1日たりとも欠かしたことはない。微課金勢ながら仕事中も隠れてやっているだけに、今じゃ上級職のすべてがレベル60以上。グリザードのソロ討伐にも成功した。

そろそろ実力を試してみたいなぁ〜。歯応えのある戦闘をやりたいなぁ〜。そう考えていたら、イベントに埋もれた「超連戦組手」のことをふと思い出した。いつどこでも挑戦できる仕様なため、存在を忘れている人も少なくないのでは?

続きを全部読む

【DQウォーク】史上最強! 豪氷天グリザードにソロ討伐を挑んだ結果…

推奨レベル85とはこういうことか。そう実感したドラクエウォークのプレイヤーは多いことだろう。なんのことかって、2022年1月31日からメガモンスター討伐に登場した「豪氷天グリザード」だ。こやつが尋常じゃないくらい強い!!

ナメてかかると即死、ナメてかからなくても即死だけに、もはや手も足も出ない人だっているんじゃなかろうか。東京・新宿でプレイした私は初戦こそ数の暴力でなんとかなったものの、これってソロ討伐するなら相当キツいんじゃ……?

続きを全部読む

【DQウォーク】ヘルバトラー(超)を仲間にしたのでモンスターバトルで使ってみた → 強すぎて笑った

2021年9月に2周年記念を迎えたドラクエウォークも、早いものでドラクエ5コラボの終わりが近づいている。ミルドラースのスペシャルメガモン、祠(ほこら)攻略とやること盛りだくさんの日々のなか、みなさんは新しく実装された「仲間モンスター」をやっているだろうか。

ちなみに私はやる気マンマン。ていうのも、これがなかなか面白く今から「モンスターグランプリ」が待ち遠しくなるシステムなのだ。知れば知るほど仲間モンスターを育てたくなるし、ドラクエ5イズムを感じてすごくイイ!

それだけにモンスターの姿が見えたら即スカウトしている最近なのだが、つい先日のことである。今日も頑張りますかとテクテク歩いていたら……なんとヘルバトラーが仲間になった! しかも、素質は「超」!!

続きを全部読む

【DQウォーク】私がビアンカ以外の結婚相手を選べない理由 / ついにドラクエVの結婚システムが実装!

ついに来てしまった。何のことかというと、ドラクエウォークで新しく実装された結婚システムのことだ。Vイベントが開催中で予告もされていただけに来ると分かっちゃいたが、聞くまでもない選択をするのかと思う自分がいる。

というのも、結婚相手はビアンカ一択。スーファミ版のドラクエVが発売されたのは1992年9月27日と今から29年も前のことだが、どれだけ時間が過ぎようとも私の気持ちは1ミリも揺らいでいない。

続きを全部読む

【DQウォーク】半年貯めたジェムを2周年記念ガチャにぶち込んだ結果

時は満ちた! 2021年9月12日でドラクエウォークがリリースから2周年を迎えた。大きな節目ということもあって『ドラゴンクエスト5 天空の花嫁』とのコラボイベントが大開催! みんな大好きパパスが登場するだけでなく「2周年記念ふくびき(ガチャ)」も始まった。

目玉はもちろんドラゴラムの強力スキルを持つ「ドラゴンのつえ」。ガチャは1周年同様に10連ガチャ20回で絶対に手に入る “天井つき仕様” となっているのだが、無課金勢寄りの私はこの時を待ちに待っていた。そう、優秀な装備が出ると想定して半年間ジェムを貯め続けたのだ!!

続きを全部読む

【ドラクエウォーク】2周年記念を前に一言物申す / ゴーレムの「こころS」が遠すぎる問題

早いもので2021年も夏の終わりを迎えようとしている。9月に入ればあっという間に年末へ……と言いたいところだが、ドラクエウォークの2周年記念が待ち構えているのを忘れちゃいけない。記念日は9月12日。繰り返す、9月12日が記念日だ!

何かしら開催されるであろう “ボーナスステージ” が今から楽しみ。東京五輪の開会式でドラクエのOPが流れて鳥肌ビンビンだった私はガチャる気満々なのだが、ここにきてどうしても一言物申したい場面に遭遇した。一体、ゴーレムのこころSはいつ出来上がるんだい?

続きを全部読む

【ドラクエウォーク】ひっそり登場した「キングスイカ岩?」は倒さないと損するボーナスタイム

東京オリンピックの開会式でドラクエBGMが流れてテンションがぶち上がった皆さん、いかがお過ごしだろう。もちろん今日もドラクエウォークを起動して楽しんでいる……と思われるが、フィールド上に「キングスイカ岩?」が出現しているのをご存じだろうか。

これ、結論から言ってしまうと絶対に倒しておいた方がいい。記念大王スライムをはじめとする、たま〜に登場するボーナスタイムのようなものなのだ。

続きを全部読む

【ドラクエウォーク】今回の「レアモン確変」は全力案件! おどるほうせきのこころSをゲットせよ!!

今じゃおなじみのイベントとなった感があるレアモン確変。今度は2021年7月16日(金)15時〜19日(月)14時59分、そして30日(金)15時〜8月2日(月)14時59分の二度に渡って開催予定だ。

その名の通り、レアなモンスターが確変状態で出現してバルーン(レアモンチャンス)はこころドロップ確定と千載一遇のチャンス……ではあるのだが、当たりと外れがあるのが正直なところ。ただ、今回は全力案件がやって来たと言っていいだろう。というのも、出現するのが……!

続きを全部読む

【ドラクエウォーク】サラッと登場した「七夕キャンペーン」を絶対にやっておくべき理由

早いもので2021年も7月に入った。そして7月といえば七夕で、ドラクエウォークでも季節に沿ったイベントがサラッと始まった。そう、七夕キャンペーンのことである。

結論から言えば、とにかく「大盤振る舞い」の一言に尽きる同イベント。すでにお気づきの人も多いだろうが、やらないと大損してしまうので絶対にスルーしないように!

続きを全部読む

【おまけが最高】連日完売! 福岡名物「にわかせんぺい」とDQウォークのコラボ商品をゲットォォォ!!!!

山が動いた!! 何のことかというと、福岡名物「二〇加煎餅(にわかせんぺい)」のことである。販売している東雲堂は115年もの間、形を変えることなく伝統を紡いできたのだが……な、ななな、なんと!

人気アプリ「ドラクエウォーク」とコラボすることによって、初めてその姿に変化を加えたのだ! しかも、スライムになっているとのことだから買うしかあるまい。何が何でも欲しい!!

続きを全部読む

【入手困難】DQウォークとコラボした「10万ゴールドまんじゅう」を実食 / ドラクエの世界観を盛り込んでいてよき!!

まだまだドラクエウォークの人気はスゴいものがある。こういうのも「リアルおみやげプロジェクト」の第2弾、埼玉県行田市の銘菓で「うまい、うますぎる」で知られる十万石まんじゅう とコラボした「10万ゴールドまんじゅう」が2021年6月13日から販売開始したのだが……な、なんと!

売り場は激戦も激戦で、まるでマグロの競り状態。オンラインで買おうとしたらマッハで売り切れる日々が続き、購入するまで3日もかかったのである。そして今(6月23日現在)も毎日売り切れ御免の品薄状態!!

続きを全部読む

『ドラゴンクエストⅠ』を後追いでプレイした人が衝撃を受けがちな瞬間10選「王様の部屋」「ラダトームの村人の話」など

本日5月27日はドラクエの日。35年前の今日、伝説は始まった。そう、シリーズ第1作目『ドラゴンクエストⅠ』が発売されたのだ。その後のシリーズのヒットは今さら言うまでもないだろう。作品を重ねるごとに有名となり、今や世界中にファンを持つ人気シリーズに。

それだけに、『ドラゴンクエストⅠ』を後追いでプレイした人は相当多いのではないだろうか。というか、私(中澤)もその1人。そこで本作を後追いでプレイした人が衝撃を受けがちな瞬間を実体験に基づいてご紹介したい。

続きを全部読む

【発売35年】初めて『ドラゴンクエストⅠ』を買ってみた結果 → プレイする前に泣いた

いつも傍らには『ドラゴンクエスト』があった。1982年生まれの私(中澤)の世代は、小学校高学年でⅤが発売され、中学校でⅥ、高校でⅦ、大学の時Ⅷと、ドラクエと共に育ってきたと言っても過言ではない。離れてしまったとしても、レベルアップの音を聞くとやっぱりテンションが上がる人は多いだろう。

しかしながら、私は『ドラゴンクエストⅠ(以下、ドラクエⅠ)』をやったことがない。RPGに興味を持ち出す頃にはすでにⅢが発売されていたのである。そこで発売から35年越しにドラクエⅠを買ってみたところ、プレイする前に泣いた

続きを全部読む

【DQウォーク】ソロで「スペシャルメガモン」に挑んだら思ってたの違って瀕死…甘く見てるとしっぺ返しを食らうので要注意

知っての通り、2021年5月15日(土)から竜王がスペシャルメガモンに登場している。普段のメガモンより少し遠くから参加できるし、最大参加人数の12人で袋叩きにすれば楽勝。討伐したらしたで「こころ」を2個もらえるから、まさにスペシャルという冠がふさわしい。

昨年10月の暴嵐天バリゲーン以来、お得すぎる討伐はチャンスもチャンスだけに狙い撃ちをしている人も多いことだろう。これは出現期間の5月31日(20時59分)までキッチリやるしかない! そう気合を入れるところではあるが、ここにきて思わぬ問題が浮上した。

続きを全部読む

【DQウォーク】GWイベントは絶対にスルーしちゃいけないほど鬼アツ!

GWの連休前だけに忙しい人は多いかもしれない。新型コロナウイルスの影響で思い通りにいかない日々が続いている人も多いかもしれない。でも! それでも!! ドラクエウォークはきちんとプレイしておいた方がいいだろう。

こう力説するのもやっておかないと損することばかり。2021年4月27日から5月13日(14時59分)まで開催される「ゴールデンWALK2021」はアツ……いや、激アツさえも通り越して鬼アツの内容となっているのだ!

続きを全部読む

【DQウォーク】今回のレアモン確変はガチ案件 / ホークマン・ヒイラギどうじの出現は今日から!

すっかりおなじみとなってきたレアモン確変。説明するまでもないが、これは名前そのままレアなモンスターが確変状態で登場するイベントだ。バルーン(レアモンチャンス)はこころドロップ確定で、クエストを受注すると普段はあまり遭遇しないモンスターが爆湧きする。

ぶっちゃけ当たり外れが大きいイベントではあるのだが、2021年4月16日……つまり今日から始まるレアモンは当たりの部類。今後の冒険に役立つことこの上なしだから、是が非でもガチりたい。

続きを全部読む

【DQウォーク】見落としていたら大損するから要注意! 経験値をゴッソリ稼げる「メタルダンジョン」が毎日開催中!!

アブナイ、アブナイ。見落としていたら大変なことになるところだった。何のことかっていうと「メタルダンジョン」である。普段だと週末のみの経験値ボーナスタイムが毎日開催と出血大サービス中なのだ!!

2021年3月29日からドラクエ7のストーリークエスト第3章「友とのわかれ」、そして新しいふぐびきが始まったことでついそちらに目がいってしまうので要注意。またとない機会だからきっちりこなしておこう!

続きを全部読む

【DQウォーク】どうしても「オチェアーノの剣」が欲しくて理性崩壊 / 血迷って半年貯めたジェムを使っちまった…

54809。これが何の数字かというと、私が半年もの間コツコツと貯めてきたジェムである。世界樹のつるぎをゲットできなかったあの日、10連ガチャを20回やれば確実に対象武器が手に入るようになってから血の涙を流しながら貯めてきた努力……いや、我慢の結晶だ。

しかしあれから半年、「ダイの大冒険」コラボを耐え抜き「エデンの伝説装備」ガチャも我慢している私は揺れに揺れている……というか、もう揺れてしまった。どうしてもめちゃ強いと噂のオチェアーノの剣を手に入れたくなって理性が崩壊したのだ……。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8