「ドイツ語」にまつわる記事

【今日から使える】ドイツ大使館がTwitterで紹介したドイツ語『ビッテ』が万能すぎると話題! いくらなんでも汎用性高すぎだろォォォオオ!!

外国語を習得するのは難しい。日本人は中学生の時から英語を学習しているのに、英語をペラペラ話せるようになるのはごく少数である。英語すら話せないのだから、他の言語などもってのほかだ。特にドイツ語とか……無理無理! 絶っ対、無理ィィィィイイイ!!

そんな具合に、一般的には難しいと思われがちなドイツ語。そんな中、ドイツ大使館の公式 Twitter アカウントが紹介した「Bitte(ビッテ)」という言葉が、あまりにも万能すぎると話題になっているぞ。なにを大げさな、とのぞいてみると……え? 1、2、3、4、5……ビッテ! 一体いくつ意味あるんだよこれーッ!!

続きを全部読む

落書きにしか見えない達筆すぎる処方箋が激写される

病院に行った時、ふとお医者さんが書いているカルテを見る。何だかよく分からない文字を書いている。サラサラッと書いているが、筆記体の英語ではなさそうだ。調べてみると、どうやらドイツ語であるらしい。

「お医者さんってのは、こんな文字もスラスラと読めるのか。すごいや!」と幼少時はよく思ったものだが、中国の掲示板に投稿された処方箋がトンデモなくスゴイと話題になっている。

続きを全部読む

日本語とドイツ語の「あっそう」と「ナヌー!?」は同じ意味と発音

不思議なこともあるもので、外国語なのに日本語と同じ発音と意味を持つ言葉がいくつか存在します。その代表たる言語といえば、ゲルマン民族が多く使用しているドイツ語です。

ドイツ語と日本語の話で特に有名なのがこれです。日本語の「あっそう」は、ドイツ語の「アッソウ」と同じ意味と発音をしているのです。どちらも「へぇー、そうなんだ」という意味なのです。ちなみにスペルは「Ach so」で、聞こえは確かに「アッソウ」となります。

続きを全部読む