ステーキけん井戸社長が掲載を断られたサイバーエージェントのクラウドファンディングで116万円出資を受けたレストラン「セララバアド」が最高な件

斬新なプロジェクトなどを企画し、多くの人々から少額の寄付を通して出資を集める手法が話題となっている「クラウドファンディング」。その企画が優れていれば百万や一千万単位の金額が集まることもあり、まさに夢が広がりんぐな資金調達方法である。

だが、企画がイケていなければ掲載すら断られてしまうという悲しい一面も。あの外食業界の風雲児と言われる、『ステーキハンバーグ&サラダバー けん』の井戸実社長ですらサイバーエージェントのクラウドファンディングサイト『Makuake』に掲載を断られ「新規事業でmakuake申し込んだら断られた。駄目だねぇ。伸びねえよ。」と苦言を呈していたこともある。

一代で日本のファミレス界に確固たるポジションを築き上げた、井戸社長ほどの実力者が掲載を断られるとは、サイバーエージェントもセンスねぇな! と思っていたが、ちょうど良いタイミングで『Makuake』で116万円もの出資を受けることに成功したレストランに呼んでいただくことができたため、どんなものか行ってみることにした。

続きを全部読む