「トレジャーハンター」にまつわる記事

海に落とした指輪を無償で探してくれる男たちがいた / 30年間で100個も持ち主に返還

夏といえば海。暑い日に行きたくなるのが海水浴だ。だが、「落し物」には気をつけなければならない。ハッと気づいたら指輪がない……なんてことはよくある話。そして、そんな海での落とし物を狙うのが、「トレジャーハンター」と呼ばれる人たちである。

彼らは金属探知機を持ちながら浜辺や浅瀬を歩き回り、価値ある財宝を探している。つまり「お金」が目的なのだが、今回ご紹介するトレジャーハンターはひと味ちがう。彼は30年もの間、誰かが落とした指輪を見つけては無償で持ち主に返すことを続けているのだ。

続きを全部読む

都会のトレジャーハンター、道路の溝から金やダイヤを採掘する男

「都市鉱脈」という言葉がある。これは、携帯電話やモバイル端末、パソコンの廃品から、金、銀、クロムなどを回収することを指す。これらの電子機器が都市部に集中しているため、鉱脈と言われているのだ。

鉱山でしか発掘できないと希少金属を、都市で発掘するという逆転の発想に基づいたものだが、これを上回る斬新な閃きで、金やダイヤを掘り当てる男がいる。その男はなんと都市の道路の溝で、これらを発掘するのだ。都会のトレジャー・ハンターと呼ぶに相応しい。

続きを全部読む