「ツイッター」にまつわる記事

【激似】ストIIの対戦シーンを完璧に再現! お笑いコンビ「NOモーション。」が海外で大ウケ

“ストII” の愛称で知られる格闘ゲーム『ストリートファイターII』。1991年に登場し、いまだに世界中のゲームファンを惹きつけてやまない伝説的タイトルだ。今、そんなストIIの対戦シーンを再現するお笑いコンビ「NOモーション。」が海外で大ウケしている。

さて、どのように再現しているのか。YouTubeの公式チャンネルに公開されている動画「ストリートファイター2ものまね NOモーション。(音も全部やってみた)street fighter2 impersonation.」を確認してみると……。

続きを全部読む

【炎上】閉鎖した漫画村が『漫画タウン』として復活? 自称公式Twitterがオラつきまくる「サイトのせいで漫画の売り上げ落ちたの? 本当に?」

人気タイトルを無許可で配信する、いわゆる “海賊版漫画サイト” として問題となっていた漫画村。つい先日「漫画村」のアクセス遮断を政府が認め、この件は一件落着かと思われていた。だがしかし……。

漫画村が閲覧不能になった期間はほんの一瞬だったのかも? というのも、漫画タウン公式を自称しているTwitterアカウントが「漫画村が漫画タウンとして復活したよ」とツイート。しかもそのアカウントは開き直りとも取れる自論を展開し、炎上の様相を呈している。これは……ひどい。

続きを全部読む

【今日から使える】ドイツ大使館がTwitterで紹介したドイツ語『ビッテ』が万能すぎると話題! いくらなんでも汎用性高すぎだろォォォオオ!!

外国語を習得するのは難しい。日本人は中学生の時から英語を学習しているのに、英語をペラペラ話せるようになるのはごく少数である。英語すら話せないのだから、他の言語などもってのほかだ。特にドイツ語とか……無理無理! 絶っ対、無理ィィィィイイイ!!

そんな具合に、一般的には難しいと思われがちなドイツ語。そんな中、ドイツ大使館の公式 Twitter アカウントが紹介した「Bitte(ビッテ)」という言葉が、あまりにも万能すぎると話題になっているぞ。なにを大げさな、とのぞいてみると……え? 1、2、3、4、5……ビッテ! 一体いくつ意味あるんだよこれーッ!!

続きを全部読む

【悲報】Amazonさん、なんJ民だったことが発覚してしまう「Prime Video の野球アニメを紹介するやで~」

できることなら知りたくなかった。知らない方がいいことが、この世界にはある。今の私(あひるねこ)はまさにそんな気分である。チッキショー! 私はなんであんなものを見ちまったんだ!! 「Amazon(アマゾン)」の Twitter アカウントなんてものをよぉ……!!

世界一の通販サイト・アマゾン。ここ日本においてもその存在は絶対的だ。アマゾンなしでは生きていけない。そんな人もいることだろう。なのに……クソッ! 信じないぞ。あのアマゾンが……まさか、「なんJ民」だったなんて!

続きを全部読む

【激似】加藤鷹が葛西紀明とのツーショットを公開 → そっくり過ぎると話題 / ネットの声「どっちがどっちかわかんねえ」「もはや双子」

「自分とそっくりの人が最低3人はいる」と言われているこの世界。しかし、どっちがどっちかわからなくなるレベルのそっくりさんに出会ったことのある方は、そう多くはいないだろう。

今ネットでは、あるツーショット写真に写った2人がそっくり過ぎると話題になっている。その2人の人物とは……葛西紀明さん加藤鷹さんだ。

続きを全部読む

【おそロシア】「駐日ロシア連邦大使館」公式ツイッターのオラオラが止まらない

例えば「インスタグラムのフォロワーが買える自動販売機」が設置されていたり「サイドカーに乗るクマ」が公道を走っていたりと、我々が想像だにしない現象があたり前のように起こる大国、ロシア。人はそれを敬愛の意味も込めて “おそロシア” と呼ぶ。

そんな “おそロシア” がいま日本で発生し話題を呼んでいる。その主役は「駐日ロシア連邦大使館」で、ある話題をきっかけにマジの怒りが爆発したようだ。「激怒」とも「オラオラ」とも「煽り」ともいえる感情が公式Twitterで明かされているぞ。

続きを全部読む

【イラスト】『よくわかる埼玉県2018』が猛烈な勢いで拡散中! 埼玉の約70%は「片田舎」か「秘境」らしい

全国5位の人口約730万人を誇る埼玉県。人口密度は東京・大阪・神奈川に次ぎ全国第4位であることからもわかるように、数字だけみれば文句なしの大都市である。だが「海がない」「ダ埼玉」とネタになることも多く、埼玉県民以外にとってはいまいちイメージが掴みづらい県だ。

2018年2月21日、そんな埼玉県をこの上なくわかりやすく解説したイラストが公開され猛烈な勢いで拡散している。その名も「よくわかる埼玉県2018」──。これを見れば他県民でも埼玉県のことがすぐに理解できるハズだ。

続きを全部読む

【シャンシャン】上野動物園が公開した「パンダ史上最も美しいひざカックン」の動画が可愛すぎると話題

2017年6月に上野動物園で生まれたジャイアントパンダ「シャンシャン」。同年12月19日から始まった抽選式での一般公開は、2018年2月1月から先着順(整理券制)へと変更になり、可愛らしい姿を一目見ようと大勢の客が動物園に詰めかけている。

先着順となった初日は徹夜組も出たほどパンダフィーバーが起きているが、ネット上でもその勢いは止まらない。上野動物園がツイッター上で「パンダ史上最も美しいひざカックン」と題した動画を公開し、大きな注目を浴びているのだ。

続きを全部読む

【漫画】『大人の男になる条件』がわかりすぎるとTwitterで話題 / 男性ならば共感必至の「ブリーフ卒業のタイミング」など

普通に使用されている日本語だが「大人の階段」という言葉はスゴイ。「大人への道」では堅苦しいし「成長の階段」では味気ない。「大人の階段」ほど文学的で、美しい組み合わせの日本語はあまりないだろう。

──それはどうでもいいとして、いまTwitterでその「大人の階段」を題材にした漫画が話題を集めていることをご存じだろうか? その名も『大人の男になる条件』。男性ならば誰もが共感必至のわかりすぎる内容となっている。

続きを全部読む

まぁ落ち着いて…プロテニス選手がバナナの皮をむけずにメンタル崩壊

身体能力と同じくメンタルの強さも必要とされるプロスポーツの世界。身につけたパワーや技術を最大限に発揮するためには、集中力や忍耐力の維持など、自身の心をコントロールすることが重要だ。

しかし、いくらプロ選手だとしても同じ人の子。思わぬ形でイライラすることだってある。今回は「まぁ落ち着いて……」と思わず声をかけたくなるプロテニス選手を収めた動画をご紹介したい。

続きを全部読む

【JR信越本線】大雪で電車に閉じ込められていた男性のツイートが猛烈な勢いで拡散中!「JRの対応は素晴らしいと思いました」

2018年1月11日午後7時頃、新潟県三条市のJR信越線の一部区間で普通電車が線路上に積もった雪のため立ち往生した。430人ほどいた乗客は一夜を明かし、約15時間半後にようやく電車は動き始めたという。ニュースなどでも大きく取り上げられているので、きっとご存知の方も多いことだろう。

この件に対しJRには批判の声が多く寄せられているが、一方で「実際に閉じ込められていた男性のツイート」が猛烈な勢いで拡散している。その声とは批判とは真逆の「JRの対応は素晴らしいと思いました」というものだ。

続きを全部読む

【悲報】ノザキ発案「#コンビーフとお出かけしましょ」が死ぬほど流行っていない件 / キャンペーン開始から約10日、投稿数はゼロの非常事態

日本人なら誰もが知る “あの絵柄のコンビーフ” といえば、ご存知「ノザキのコンビーフ」である。昨年、2017年には秀逸すぎる自虐キャッチコピーが話題となり、ネット上で大きな話題を呼んだことは記憶に新しい。

そんな「ノザキのコンビーフ」が、2017年12月28日から「#コンビーフとお出かけしましょ」なる新キャンペーンを開始していることをご存じだろうか? 今回もさぞかし話題になっているかと思いきや……キャンペーン開始から約10日、投稿数はゼロの非常事態となっているのだ。

続きを全部読む

【漫画】『今どきの若いモンは』にイイ意味で裏切られる人が続出中! 素敵すぎる「今どきの若いモンは」の使い方がコレだ!!

自分が若い頃は言われてイヤだったのに、それ相応の年齢になるとついつい口に出そうになる「今どきの若いモンは」という言葉。基本的にはネガティブな意味で使用され、言われた方は「ハァ……」としか返せない、極めて生産性の薄い決めゼリフである。

そんな「今どきの若いモンは」を題材にした漫画が、いまTwitterで大きな話題を集めていることをご存じだろうか? 言葉のイメージから暗い作品かと思いきや、イイ意味で裏切られる人が続出中! 最高に素敵な「今どきの若いモンは」なのだ。

続きを全部読む

【不評】Twitterが “いいね” の仕様変更『タイムラインに表示されなくなるよ!』→ Twitter民総ツッコミ「そういうことじゃないんだよ……」

スマホ全盛のこのご時世。そんなスマホ生活を快適にするアプリだが、気に入っていたアプリが突然の仕様変更で使いにくくなるのはよくあることだ。

仕様が変更されて1年以上経つのに、未だに「元に戻せ」という声が絶えないのがTwitterの『いいね』のタイムライン表示。そんな不評な仕様について、ついにTwitterが動いた! ……のだが、そういうことじゃねえんだよー!!

続きを全部読む

【乙女かよ】獣神サンダーライガーさん、公式Twitterを開設するも “♡” を連発しファンが戸惑う

日本で唯一の……いや、世界でただ1人の “怒りの獣神” といえば、ご存じ「獣神サンダーライガー」さんだ。ライガーはライガー、その名の通り獣の神様なので中の人などいないが、噂では53歳ともいわれるベテランプロレスラーである。

2017年12月19日、そのライガーさんが自身初となる公式Twitterアカウントを開設した。ニックネームは「怒りの獣神」とされるだけにさぞかしイカついTwitterかと思いきや、プロフィールや投稿には♡を始めとする絵文字が多用されており、ファンの間では早くも動揺が広がっている。

続きを全部読む

【告発】Twitterに投稿された『現役郵便局員の叫び』に波紋「郵便局は日本一大きなブラック企業」

お歳暮にクリスマスプレゼント、さらには年賀状と、この時期とにかく多忙になることで知られる郵便局員。都市伝説的な噂話では「お歳暮や年賀状にはノルマがある」とも聞くが、とにもかくにも現場の最前線で働く郵便局員のみなさん、どうか事故には気を付けて頑張ってください。

それはさておき、いまTwitter上で「現役郵便局員の暴露」が波紋を呼んでいる。Twitterに投稿されてから半日ほどで1万6000リツイートを記録するなど大きな注目を集めているこの投稿。全文はかなり長いので、ポイントを抜粋してお伝えしたい。

続きを全部読む

【殺戮】DTを殺すセーターが「ついにDT以外も殺し始めた画像」がこちらです

数年前から発売され、その刺激の強さから「童貞を殺す服」と称されるセーターをご存じだろうか? 胸元はざっくりオープン、背中も大きく開いたデザインは、確かに童貞ならば殺られかねない破壊力を秘めている。

だがしかし、セーターは所詮セーター。どれだけ刺激的なデザインでもこれまで童貞以外は何とか耐えられていた……のだが。2017年12月16日、あるコスプレイヤーが投稿した「童貞を殺すセーターを着てみた」は様々な意味でジェノサイド! 童貞ならずとも、殺られまくっている人が続出しているのだ。

続きを全部読む

10万ツイートを達成した「シャープ」公式ツイッターから漂う哀愁がハンパない

最近では、一般企業がツイッターアカウントの運営を行うのは当たり前の光景となった。中でも、大手家電メーカーのシャープ(SHARP)は、40万人以上のフォロワー数を誇る人気アカウントだ。“中の人” が見えるツイート内容で、多くのユーザーから支持を集めている。

そんなシャープの公式アカウントが、昨日2017年12月4日に記念すべき10万ツイートを達成した。それはおめでたい。だがしかし。その10万ツイート目の投稿から、ハンパない哀愁が漂っているためお伝えしたい。

続きを全部読む

ナンパにうっかりついていった結果……体験談を描いたマンガがネットで話題「めっちゃいい話」「こんなナンパならされたい」

ナンパ男が女性に声をかけているのは、東京の大都市の駅前でよく見かける光景だ。しかし、私(中澤)は女性側が無視しているところしか遭遇したことがない。銀座コリドー街などの有名なナンパスポットならまだしも、新宿とか池袋のナンパって引っかかる人いるんだろうか

そんなナンパに、うっかりついていってしまった女性の体験談がネットで話題となっている。「めっちゃいい人」「こんなナンパならされたい」「私もこういうナンパがしたい」という声が続出しているナンパ男の行動とは!?

続きを全部読む

【漫画】Twitterで「接客業やってて一番クソだった客の話」が話題 / ラストの落ちは予測不可能

かつて有吉弘行さんがテレビ番組内でこう言っていた。「お客様は神様? それを客が言うな馬鹿!」……と。まさに言い得て妙、その通りだと思う。日本中の人がそう考えてくれれば接客業にまつわるトラブルは激減するのだろうが、残念ながら胸クソが悪くなるような話は後を絶たない。

それはさておいて、いまTwitterで接客業の体験談を描いた漫画が話題を集めている。その名も「接客業やってて一番クソだった客の話」だ。さて、ラストの落ちをあなたは予測できるだろうか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9