【海外ドラマ】『ブレイキング・バッド』 “スキニー・ピート” の素顔に迫る!! ピアノの腕がプロ級! 17歳まで世界各地を転々とした生活を送る

末期癌(がん)を宣告された真面目な化学教師ウォルター・ホワイトが家族に遺産を残すため、高純度ドラッグ “ブルーメス” を精製し、一攫千金を狙う異色作『ブレイキング・バッド』。

先日取り上げた悪徳弁護士ソウル・グッドマンが、ヘビーなストーリーの中で笑いを誘う “癒し的な存在” だと紹介したが、彼以外にもオアシス的な存在がいる。それは、ウォルターの相棒ジェシー・ピンクマンの “ギャングに成り切れないストリートの三バカ大将” とでも呼びたいチンピラ仲間、スキニー・ピートとバッジャー、コンボの三人だ。

そこで今回は、三バカ大将のリーダー的存在だったスキニー・ピートを演じたチャールズ・ベイカーにスポットライトを当ててみることにした。

続きを全部読む